牛肉でボリューム満点!バルサミコ酢が香るワンランクUPのホットサンドレシピ

ホットサンドの味付けがマンネリ化していませんか?気がつけば塩こしょうやマヨネーズ味になりがち…。それを打破するのがバルサミコ酢です!今回は、コク深いソースとしてを使った「牛肉とアスパラガスのバルサミコ酢炒めのホットサンド」のレシピを紹介。バルサミコ酢の使い方がコツですよ!

2019年6月19日 更新

肉を使う時はマスタードが決め手!

具材を作ったら、パンに挟んで焼きますが、肉を使ったホットサンドに欠かせない調味料があります。

それが粒マスタードです!

こってりとした肉のボリューム感と粒マスタードの酸味がマッチしてより立体的な味に仕上がります。

では、挟んでいきましょう。
ホットサンドメーカーの内側にバターを塗ったらパンをのせ、マヨネーズorマーガリンを塗り、お好みの量の粒マスタードを塗ります。その上にアスパラガスを並べ、炒めた牛肉&タマネギ、チーズの順番で重ねます。ボリュームダウンしたい人は牛肉を少なめにしたり、チーズを抜いてください。
重ねる順番

Photo by tsutomucamp

最後に内側にマヨネーズかマーガリンを塗ったパンを重ね、上面のホットサンドメーカーで蓋をして焼きます。

今回はtsutomucamp流のフタを圧着させない焼き方で焼きましたが、お持ちのホットサンドメーカーにあった使い方で焼いてください。ただし、具材の量を減らさないとあふれてしまうので、気をつけてください。
ホットサンドの焼き方

Photo by tsutomucamp

tsutomucamp流のフライパンを密着させない焼き方。具がつぶれずにふっくらジューシーに焼き上がります。写真は違うホットサンドを焼いた参考画像です。

こうして完成したホットサンドが、こちら!
完成

Photo by tsutomucamp

笑えるくらいボリューミーな、豪快なホットサンドができました。私は牛肉を150g使いましたが、ふつうの感覚で食べたいなら80〜100gあれば十分です。

バルサミコ酢の芳醇な香りが食欲を誘います。まろやかな甘みとかすかな酸味が食欲を誘い、ペロッと食べられますよ。さすがにこのボリュームだと、朝食というより、ランチ向きですね。

時間に余裕のある休日のランチに作ってみてはいかがでしょうか?ちょっとリッチなおうちダイナー気分を味わえます。

まとめ

今回のポイントは
1:バルサミコ酢はホットサンドにバッチリ合う!
2:特に肉系のレシピに相性抜群
3:バルサミコ酢はフライパンの端で煮詰めて三温糖を加える

今回はバルサミコ酢を牛肉にあわせましたが、豚肉でも合います。私はブラウンマッシュルームにあわせるのもお気に入りです。わりとどんな素材にもあう万能調味料です。

ブラウンマッシュルームのバルサミコ酢炒め

Photo by tsutomucamp

「ブラウンマッシュルームとタマネギのバルサミコ酢炒めのホットサンド」です。

ぜひ、好きな具材をバルサミコ酢で味付けし、自分好みのホットサンドをつくってみてはいかがでしょうか?

tsutomucampが日々作っているホットサンドは、インスタグラムで紹介しています。
ぜひご覧ください!
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tsutomucamp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう