現地に行ったら食べてみて!おすすめジャマイカ料理16選

ジャマイカといえば、レゲエミュージックやカラフルな国旗などが有名ですが、お肉を大胆に使ったお料理も名物のひとつ。今回はジャマイカに行ったらぜひ試してほしい、おいしくてスパイシーなジャマイカ料理をご紹介します♪

2019年6月18日 更新

ジャマイカ料理の特徴とは?

ジャマイカ

Photo by Snapmart

ジャマイカ料理は、スペインやイギリスに統治された過去があるので、ヨーロッパ料理とのミックスを楽しむことができます。唐辛子やタイム、ブラックペッパーなど多数のスパイスを使った調理が特徴です。

代表的な料理「ジャーク」は、世界的に知られるスパイシーなお肉料理。食べ応えもあって、パワフルなのもジャマイカ料理の要素のひとつと言えます。

代表的なジャマイカ料理【主菜】

1. ジャマイカ定番のチキン料理「ジャークチキン」

ジャマイカ定番のメイン料理といえば「ジャーク」。その中で、鶏肉を使ったジャークはローカルに一番親しまれているメニューです。シナモン、胡椒、唐辛子、ハーブなどミックスしたジャークソースにしっかりとお肉を漬け込んで焼きます。おうちでも作れそうですね♪

2. ジャークソース×豚肉「ジャークポーク」

こちらはジャークソースを使って味付けした「ジャークポーク」。ごはんやヤム芋などの主食と合わせてサーブされることがほとんど。お米文化の日本人にも食べやすいお料理ですね。

3. ごはんにぴったり「オックステールの煮込み」

日本ではあまり馴染みがないオックステール(牛の尻尾)を使った「オックステールの煮込み」。お野菜とお豆を一緒にじっくりと煮込んだオックステールは、ごはんにとってもよく合うコク深い味わいが特徴。日本人なら絶対に気にいるはず。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう