ビールに合う!チェコ料理の特徴やおすすめメニュー10選

中央ヨーロッパに位置する「チェコ共和国」は、芸術や自然、古城、チェコビールが有名な観光都市。お昼からでもビールを飲んでいいのどかな雰囲気も魅力です♪ 今回はそんなチェコの、ビールにも合う定番料理をご紹介します♪ この夏の旅先としてもおすすめですよ。

2019年5月31日 更新

ビール大国チェコ料理の特徴

チェコ・プラハの街並み

Photo by Snapmart

中央ヨーロッパに位置する「チェコ共和国」は、四方をドイツ、オーストリア、ポーランド、スロヴァキアに囲まれた内陸国です。

あまり知られていませんが、チェコの料理は日本人の舌にも合う、シンプルでしっかりとした味わいが特徴。ちょっと軽めのチェコ産ビールによく合います。外国に行くと食が進まない、という人もきっと気にいる味です。

代表的なチェコ料理【メインディッシュ】

1. チェコのローストダック「ペチェナカフナ」

ペチェナカフナ

Photo by Snapmart

内陸国に位置するチェコは、お肉料理がおいしいことでも有名です。定番肉料理の中でも、ローストダックはチェコ人の人気No.1。皮はパリパリとクリスピーに焼き上がり、内側のお肉はとってもジューシー!ザワークラウトや定番サイドメニュー「クネドリーキ」を合わせていただきます。

2. 中央&東ヨーロッパの串焼き「ラジニチ」

チェコのストリートフードとしても人気の串焼き料理「ラジニチ」。実はチェコだけではなく、セルビアやクロアチア、ボスニアヘルツェゴビナなど旧ユーゴスラビアでも食されているメニューです。長い串に、パプリカやズッキーニや玉ねぎと一緒に串刺しになっています。

3. チェコのローストポーク「ヴェプショー」

「ヴェプショー」とは豚肉のこと。豚肉のローストやグリル料理にキャベツを添えて食べるメニューです。付け合わせは、先ほどもご紹介したゆでパンの「クネドリーキ」やポテトなど。ボリューム感もあり、ビールにも合う味わいのひと皿です。

4. チェコの定番メイン「スヴィチュコヴァー」

スヴィチュコヴァー

Photo by Snapmart

チェコの定番料理といえば、この「スヴィチュコヴァー」。マリネした牛肉をじっくりと煮込んだお料理で、濃厚なブラウンソースと生クリーム、ベリーソース、そしておなじみ「クネドリーキ」を添えます。生クリームにベリーソースの組み合わせには日本人は驚くかもしれませんが、意外にイケる組み合わせです。

5. チェコ定番のウサギ肉料理「クラリーク」

「クラリーク」とはウサギのお肉のこと。チェコだけではなく、ほかのヨーロッパの地域でも、ウサギのお肉は定番の食材。食感は鶏肉のようだと言われ、味わいも思ったより獣っぽさがなく、食べやすい口当たりが印象的です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう