人気インスタグラマーおすすめ! アウトドアで便利なキッチングッズ

キャンプにグランピング、ピクニック。アウトドアに挑戦してみたいけれど、キャンプグッズは持っていないし、どんなアイテムが役に立つのかわからない。今回は、外ごはんに便利なキッチングッズを、おしゃれなキャンプ写真で大人気のインスタグラマー、YURIEさんにセレクトしてもらいました。

2019年5月14日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
キャンプにグランピング、ピクニック。流行のアウトドアに挑戦してみたいけれど、キャンプグッズは持っていないし、どんなアイテムが外で役に立つのかわからない。

そこで今回は、外ごはんに便利なキッチングッズを、おしゃれなキャンプ写真で大人気のインスタグラマー、YURIEさんにセレクトしてもらいました。アウトドア初心者必見!

失敗しない! ビギナー向けアウトドアアイテム選びのポイント

1. ふだん使いもできて、外にも持っていけるもの
2. とにかく丈夫なもの
3. デザイン性も優れているもの
「アウトドアでしか使わないアイテムを買ってしまうと、保管のための場所もとるし、ふだん使わないのでちょっともったいない気がしますよね。日常生活でも使えて、アウトドアにも持っていけるアイテムを選べば、家にモノが増えすぎないのでおすすめです。
ただし、傷つきやすい繊細なものは避けること。そして、使いやすくて見た目がかわいいアイテムならテンションも上がります」

使い勝手のいい、ラムカン&トレーセット

 各色 6,480円(税込)

<ストウブ>アペタイザーセット 各色 6,480円(税込)

フランス生まれの鋳物ホーロー鍋やセラミックウエアが人気の<ストウブ>は、アウトドアでも大活躍! 小さな耐熱容器4つとトレーがセットになった「アペタイザーセット」は、いろいろなものを少しずつ盛りつけるのに便利です。
「<ストウブ>は見た目がかわいくて丈夫なので、女性のキャンパーに人気のブランドです。使い方次第で用途が広がるのがいいですね。
4つのラムカンそれぞれに違うおつまみを入れたり、ふたつのラムカンにディップを入れて、トレーにバゲットやパンをのせたり、使い方はアイデア次第! トレーつきなので運びやすいのもアウトドアには嬉しいポイントです」

日常使いでも大活躍! キャンパーの定番タンブラー

0.47L 2,700円(税込)

<スタンレー>スタッキング真空パイント 0.47L 2,700円(税込)

アメリカで誕生し、100年以上の歴史を誇るボトルメーカー<スタンレー>のアイテムは、機能とデザインを兼ね備えた、アウトドアファンからの絶大な信頼を誇るブランドです。

軽くてスリムなボディのタンブラーは真空断熱構造になっており、ドリンクを長時間最適な温度でキープすることが可能。

「とにかくデザインがシンプルでカッコいいですよね。キャンプ場はもちろん、ふだんから家でもヘビロテしています。保温性抜群なので、コーヒーや紅茶などあたたかい飲み物を入れたり、キンキンに冷やしたビールを入れたりして楽しんでいます。

冷たい飲み物を入れても結露が出ないので、パソコン作業をするときにもおすすめですよ!」

調理してそのまま食卓へ! スキレット

16cm 各色 10,800円(税込)

<ストウブ>スキレット 16cm 各色 10,800円(税込)

<ストウブ>のスキレットは、鋳物ホーロー製で高い熱伝導性を誇る人気アイテム。独自の表面加工により、食材をカリッと焼きつける一方で,焦げつきはしっかり防いでくれます。

直火はもちろん、IHにも対応。さらにオーブンにそのまま入れられるなど、あらゆる料理に使えるのも人気の秘密です。

「スキレットは、家でもアウトドアでも朝食作りに大活躍します。直径16cmと使いやすいサイズなので、目玉焼きとベーコン、トーストとソーセージなど、軽食の調理にぴったり。

キャンプ場ではパンケーキを作る人も多いですね。シンプルなデザインもよくて、スキレットごと食卓に出せば絵になりますよ。道具と器の両方を兼ねるので、洗いものが少なくてすむのも便利です」

外で飲むコーヒーは格別! おしゃれなドリッパー&ガラスサーバー

左3,240円(税込)
右3,240円

左<コレス>【YY】ゴールドフィルター(2〜4カップ) 右【YY】ガラスサーバー(4カップ) 左3,240円(税込)
右3,240円

コーヒー器具を専門とする<コレス>は、軽井沢に本店を構える人気店<丸山珈琲>に開発協力を得てスタートした、本格コーヒー器具のブランド。

ドリッパーにはコーヒーのおいしさを引き出す純金メッキのフィルターを使っているのが特徴で、カビや臭いがつきにくく、衛生的なのもアウトドア向きのポイントです。同ブランドのサーバーとセットで使えば、優雅なコーヒータイムが演出できます。

「キャンプでは、朝、必ずコーヒーを豆から挽いていれます。現地のおいしい水でいれたコーヒーを自然の中で飲む瞬間は格別! 私だけではなく、キャンパーはコーヒーにこだわりを持っている人が多いんですよ。でも意外とペーパーフィルターは忘れがち。

その点、<コレス>のドリッパーはペーパーレスなのが嬉しいですね。丸みのあるガラスサーバーは透明で中身も見やすく、形もかわいいので、家でもアウトドアでも、どちらのシーンにもマッチします」

切れ味抜群のコンパクトナイフ

1,188円(税込)

<ビクトリノックス>【YY 】スイスクラシックトマト・ベジタブルナイフ 1,188円(税込)

多機能ナイフで有名なスイスの<ビクトリノックス>は、キャンパーにおなじみのブランド。トマト・ベジタブルナイフは、フルーツや野菜だけでなく幅広い食材に使えるすぐれものです。

波刃のナイフは切れ味抜群で、皮のやわらかいトマトなどを切るのも簡単。ハンドルは人間工学に基づいてデザインされており、握りやすいのが特徴です。

「ナイフはアウトドアで登場機会の多いアイテムのひとつ。料理を作るときにはもちろん、パンやフルーツ、チーズなどのちょっとしたものをカットするときに、さっと使えるコンパクトなナイフは重宝します。

<ビクトリノックス>のナイフの魅力は、なんといってもその切れ味! 野菜やフルーツがスパッと気持ちよく切れるので、料理をするのが楽しくなります」
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう