大人の夜に寄り添うお酒。ブラックニッカの限定ブレンド新発売

アサヒビールのウイスキー「ディープブレンド」に新商品が登場。2019年5月28日より「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」が数量限定で発売されます。ロックで飲むためのこの商品は、ウイスキー特有のいぶしたような香りの余韻が長く続くようにブレンドされています。

2019年5月17日 更新

心地よい潮風の余韻を感じるお酒

ブラックニッカディープブレンド2種とロックグラス

Photo by macaroni

アサヒビールは5月28日より、心地よく長く続くビターな余韻が特長のウイスキー「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」を発売します。既存商品の「ブラックニッカ ディープブレンド」をベースに、新樽で10年以上長期熟成させた余市のヘビーピートモルト原酒で潮風の余韻を、また宮城峡のカフェグレーン原酒をブレンドして心地よい甘さを加えています。香りと甘さ、コクのある味わいが調和した、新しいブレンドです。
ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズのビジュアルポスター

Photo by macaroni

黒を基調に青みがかった月と船影のイラストが描かれた、物語を感じさせるパッケージデザイン。「ナイトクルーズ」というネーミングで、"大人の夜を楽しむ""夜の深みに旅に出る"といった「ブラックニッカ ディープブレンド」のブランドコンセプトを表現しています。

大人の夜に「読書×ウイスキー」のすすめ

ナイトクルーズの発売を記念して、書籍に関する情報メディア『ダ・ヴィンチ』(株式会社KADOKAWA)とのタイアップ企画も実施されます。

書籍メディア『ダ・ヴィンチ』とコラボ

WEBサイト『ダ・ヴィンチニュース』では「読書とウイスキー」をテーマに特集ページを開設。個性あふれる多数の書評家が『ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ』と一緒に楽しむにあたってぴったりな本を紹介しています。

丸の内KITTEに特設コーナー出現

有識者4人がおすすめする書籍

Photo by macaroni

(左から)『ダ・ヴィンチ』編集長 関口靖彦氏、書評家・作家 杉江松恋氏、書店員 宇野めぐむ氏、ニッカウヰスキー主席ブレンダー 二瓶晋氏

発売に先がけて、5月10日には東京駅直結の商業施設KITTE内のブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」にてトークイベントがおこなわれました。テーマは「読書とウイスキー」。

長い夜を過ごしながら自分を見つめ直すノンフィクション『極夜行』(角幡唯介著、文藝春秋)、鳥たちが人間のように歩き、話す不思議な世界を描いたコミック『二週間の休暇』(フジモトマサル著、講談社)など、読書通ならではのセレクトが紹介されました。
マルノウチナイトクルーズの書棚

Photo by macaroni

「マルノウチリーディングスタイル」では、イベントで紹介された本のほかにもナイトクルーズと合わせて楽しんでほしい書籍を集めたコーナーを6月30日まで展開します。またカフェメニューでもナイトクルーズを楽しめるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう