4. 完成!

これで完成です! バターを使うときは、フタを外して、右に回転軸を回すと、必要な分だけ出せます。

気になる使い心地は? 3つのいいポイント

アツアツの焼きたてトーストで試してみたところ、バターが溶けながらするするとぬれて、使いやすいです! スティックのりのような使い心地で、必要な分だけ出せるのがいいですね。バターナイフを使わないので、洗い物が減るのもうれしいポイント♪ ただし、焼きたてのトーストでないとバターがかたくれぬりにくいです。焼きたてトースト以外に使う場合は、あらかじめ出しておくとぬりやすいですよ。

1. 耐熱皿にも使える

グラタンやお菓子をつくるときに、器の内側にバターを塗りますよね。今まではバターナイフや手で塗っていましたが、「直ぬりバタースティック」を使うと、お皿の底や横の内側にも、手を汚さずにぬれて、とても便利です!

2. コンパクトに収納できる

ドアポケットや朝ごはんボックスなどに、立てても横にしても収納できます。収納場所に困らないところも、いいですね。

3. 目安ガイド付きなのでわかりやすい

ふたの一面に、1メモリ約5gのガイドが付いています。料理でバター使うときに、この目盛りがあると、わかりやすくて便利ですね。

ちょっと残念なポイント…

使い終わった後に、食パンのカスがバターについてしまいます……。いろいろと便利な商品ですが、ここは残念でしたね。 使い終わったあとに、キッチンペーパーでサッとふき取るか、バターをうすくカットすると、食パンのカスがとれて気にならないですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS