銀座 蔦屋書店で「本に寄り添うカカオフェア」開催!コンシェルジュが厳選チョコが勢ぞろい

東京・「銀座 蔦屋書店」のアトリウムで、5月10日(金)~5月26日(日)の間、「本に寄り添うカカオ」をテーマにしたイベントが開催されます。都内でここでしか買えない季節限定チョコレートも多数販売。本好き、チョコレート好き必見の情報をお届けします。

2019年5月9日 更新

本好き、チョコ好きが銀座に集う

カカオに含まれるテオブロミンという成分や、チョコレートの香りは、リラックス効果や集中力を高める効果があるといわれています。そんなカカオのもつ効果と「銀座 蔦屋書店」が提案している本のある暮らしの組み合わせについて、同店オススメのチョコレート×BOOK担当コンシェルジュがセレクトした書籍を、それぞれセットにして販売されます。
そのほか、「見た目から惹かれるチョコレート」や「カカオな文具」など、カカオから始まる関連商品を厳選。「haru chocolate」からは季節限定のチョコレート、「テオブロマ」やセレクトチョコレートの「c7h8n4o2」からは、今回限定の福袋も取り扱っています。

出店ブランドのご紹介(一部)

haru chocolate 苺チョコレートWHITE

大分県でbean to barのチョコづくりをしている「ハル チョコレート(haru chocolate)」。国東市の吉岡農園で育てられている「桃の香いちご」をホワイトチョコレートと合わせた、東京ではここでしか買えない季節限定チョコレートです。

テオブロマ「ミニキャビア 5缶セット」

テオブロマは日本のトップショコラティエ土屋公二氏によるブランド。食べる楽しみだけでなく、見た目の楽しさにも対するこだわりも全てのアイテムから感じられます。

マルコ 松山クラフトチョコレート 「厳選8種詰め合わせ」

媛県松山市にあるチョコレート専門店。チョコレートの加工工程すべてを作り手が行っており、添加物不使用にこだわり素材の味を楽しめます。

カカオ豆の風味はカカオの含有量によって変化し、産地ごとに違いが生まれます。食べ比べを楽しめるのも8種詰め合わせの魅力のひとつです。

銀座 蔦屋書店限定の定番品「濃い和三盆しょこら」

銀座 蔦屋書店オープン以来販売を続けている、「和三盆ショコラ オッツ」とのコラボレーション商品。徳島県産の阿波和三盆糖を100%使用し、ショコラティエ瀧倉修による手作りチョコレートです。食感が特徴的でクセになるチョコなるはず。
本好き、チョコレート好きの方にはもちろん、ギフトにもオススメの特別チョコレートも多数販売。多くの方が楽しめるイベントです。ぜひ、足を運んでみてくださいね。

フェア概要

本に寄り添うカカオ
会期:5月10日(金)~5月26日(日)
時間:10:00~22:30(営業時間)※最終日は19時まで
場所:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
主催:銀座 蔦屋書店
備考:商品は無くなり次第終了となります
お問合せ先:銀座 蔦屋書店 文具雑貨担当
URL https://store.tsite.jp/ginza/event/stationery/6548-1032220430.html
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう