ほぼ本場の味!カルディ「混ぜるだけタイ風えびチャーハン」

カルディで開催中のタイフェアで、えび入り炒飯「カオパットクン」を発見!しかも調味料や具材がすべて入っているので、混ぜるだけというのが魅力的ですよね。東南アジア特有の香りや味わいは、どこまで再現されているんでしょうか…。

2019年5月13日 更新

混ぜるだけシリーズにタイの炒飯「カオパットクン」

カオパットクン

Photo by muccinpurin

カルディで開催中のタイフェアで、人気の炒飯「カオパットクン」が味わえるアイテムを発見!台湾フェアから続く、 “混ぜるだけ” シリーズである本品は、ご飯に混ぜるだけで本場の味が楽しめますよ。

気温も上がってきて、東南アジアの料理が恋しくなる季節。アジア旅行大好きな筆者が、さっそく作って本場味の再現度をチェックしてみました♪

食べる前からエキゾチックな香り…!

タイ風えび炒飯のパッケージ

Photo by muccinpurin

タイらしい派手なパッケージが、カルディの売り場でもひときわ目を引いていました。カオパットクンは、「カオ=ごはん」「パット=炒める」「クン=えび」で、タイ風のえび入り炒飯のこと。

タイではメジャーな料理ですが、東南アジアの味付けは独特なので、調味料を集めるのが大変なんですよね。
カオパットクンの具材

Photo by muccinpurin

カルディの混ぜるだけカオパットクンは、玉ねぎやにんにくなどの野菜をはじめ、ナンプラーやえびの風味を高める蝦醤(シャージャン※)まで入っている本格派です。

もちろん、主役となる桜海老もごっそり入っています。パウチから器に移しただけで、すでにタイのローカル食堂を思わせる香りが……。

東南アジアといえばパクチーも外せませんが、乾燥パクチーがしっかりと入っていますので、パクチーファンの方もご安心ください。
※あみや小えびを塩漬けにして発酵させて、ペースト状にした調味料

卵をプラスして、混ぜるだけ!

カオパットクンの材料

Photo by muccinpurin

カオパットクンに必要なのは、お米2合と卵ひとつ、たったこれだけ。

ごはんはいつもより少し固めに炊いておくのがポイントです!
ご飯にたまごを混ぜる

Photo by muccinpurin

炊きあがったごはんに、溶いた卵をかけてそのまま炊飯器に戻し、5分保温します。

5分経ったらカオパットクンの素を入れ、全体にざっくりと混ぜ合わせて再度5分ほど保温して完成です!

えびの香りが、すごい!!

カオパットクン

Photo by muccinpurin

作る段階からわかっていたんですが、えびの香りがとにかくすごい!小ぶりなものから大きなものまで、えびを使う料理が多いタイでは、飲食店が並ぶエリアでシーフードの香りがするんですが、まさにそんな感じです。

見た目はシンプルですが、蝦醤の濃厚な旨みと、ナンプラーの香りも相まって、まさに本場のカオパットクンそのもの。
カオパットクン

Photo by muccinpurin

パクチーも、生と変わらないあの独特のフレーバーで、本場で食べたカオパットクンとなんら変わりがありません。

タイでは、仕上げにマナオと呼ばれるライムに似た柑橘を絞って食べるのが一般的なので、あればレモンやライムを添えると、より本場らしさがアップしますよ。

えびの旨みがぎゅぎゅっと凝縮していながら、さっぱりとしているので、ついつい食べすぎてしまう味です。

再現度120%のカオパットクンでした!

カオパットクン

Photo by muccinpurin

蝦醤とナンプラー、乾燥パクチーまで入ったカオパットクン。ナンプラーの香りや、パクチーの風味が効いて、東南アジアグルメらしくやみつきになる味でした。

なんといっても、買っても使い切れないナンプラーやパクチーが入っていて、混ぜるだけなのが魅力ですよね♪

もちろん、味も再現度120%で大満足。手軽にタイ料理を味わえるので、一度試してみてくださいね。

商品情報

■商品名:混ぜるだけタイ風えびチャーハン
■価格:298円(税込)
■内容量:110g
■カロリー:110gあたり164kcal
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう