ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

1. ハレの日の郷土料理「笹寿司」

川中島の戦いの際に越後の武将上杉謙信が、保存性の高い笹でご飯を包んで携行したのがはじまりとされます。いまでは鮭そぼろや山菜などの秋の恵みに、錦糸卵とでんぶ、紅生姜などをのせた笹寿司となり、お祝いや集まりなどに振舞われるごちそう料理として人気です。

親子伝来のまぼろしのそば「長沢茶屋」

妙高はねうまライン関山駅から車で東へ20分ほど、新井長沢簡易郵便局前の川を挟んで西側に立つ2階建の1階にあります。国道から川を渡る橋の看板が目印で、ファサード看板のある白い建物のお店。落ち着いた雰囲気の店内に、テーブル席と座敷席が計35席ほどあります。

笹寿司とそばを堪能できる!茶屋セット

1,200円(税込)
昔は貴重だった小麦粉のかわりに、山ごぼうの葉から繊維を取り出し、それをつなぎに使った伝統の手打ちそばが自慢のお店です。そのほかに山菜の天ぷらと笹寿司があることが評判で、わらびの煮物やお漬物がのった、素朴な味わいの笹寿司がおいしいと人気があります。

店舗情報

2. 小千谷発祥の名物「へぎそば」

Photo by Snapmart

小千谷は古くからそばの産地であり、麻織物の産地でもありました。昔は小麦粉がたいへん貴重だったために、麻糸を紡ぐときに使う布海苔をつなぎにすることで生まれたのがへぎそば。へぎの器に盛られたことからこう呼ばれ、いまでは新潟の名物料理として有名ですね♪

創業90年超の老舗店「わたや 本店」

小千谷駅正面口から車で西へ7分ほどのところ、国道からひと筋南側の通りに面した3階建の店舗です。広いお寺の北に隣接するそば店で、建物中央の大きな壁面看板がよく目立ちます。店内は1階にテーブル席と小上がり席が50席ほど、2階には座敷席がある広いお店です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS