おいしいベーグルをもっと身近に。「ジュノ 自由が丘」がグランドオープン 

「ベーグル屋さんの、おいしいベーグル。」をコンセプトに老舗ブランドがリニューアル。4月26日(金)、「ジュノ(JUN) 自由が丘本店」がオープンしました。素材選びからこだわり抜いた数種類のベーグルのほか、自分の好みに合わせてメニューをチョイスできる「ベーグルランチ」が楽しめます。

2019年4月30日 更新

老舗ベーグル専門店がリニューアルオープン

1998年に東京・自由が丘で誕生したベーグル専門ファクトリー「ジュノエスクベーグル」。約20年間、伝統の製法を守りながらより良い材料を厳選し、日本人の食生活に寄り添ったベーグルを作り続きけてきました。そんな同店が、「ベーグル屋さんの、おいしいベーグル。」をコンセプトにリニューアル。4月26日に「ジュノ(JUNO) 自由が丘本店」がグランドオープンを迎えました。

たっぷりの畑の恵みがつまった「ベーグルランチ」

「ジュノ 自由が丘本店」のおすすめは、ベーグルやデリなどお好みに合わせてメニューをチョイスできる「ベーグルランチ」です。8種類以上のベーグルはどれもおかわり自由。ほかにもディップ2種類、副菜、メイン、スープ、ドリンクもすべて好みのメニューを選べます。

ディップは大豆バターやチミチュリソース、フムス、白味噌マヨネーズといったバリエーション豊かな8種類がそろっています。
また、三軒茶屋で国産の有機・自然栽培の野菜を販売する「三茶ファーム」の野菜や、世界各地の農園から直接豆を買い付け自家焙煎する三軒茶屋のロースター「OBSCURA COFFEE ROASTERS」のコーヒーを使用しています。

メニュー例

<イートイン>ベーグルランチ 1,500円、キッズセット 600円ほか
<テイクアウト>ベーグルサンドイッチセット(スープ付き)1,000円ほか(以上、すべて税別)

素材にこだわり抜いたベーグルを

プレーンベーグルの材料は、国産小麦、生イースト、塩、きび砂糖のみ。シンプルにつくられているからこそ、素材選びにもこだわっています。
沖縄の与根製塩所が平釜製法で作った塩、ミネラル豊富なきび砂糖、さらに北海道産小麦をブレンドし、小麦の甘味と香りが豊かなもっちり食感のベーグルに仕上がっています。

手作りのナチュラルかつシンプルな製法で作られるため、おいしさも長持ち。冷凍すれば、約1ヶ月間ほど保存がききます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう