伊勢丹の絶品玉子焼き7種を食べ比べ!「江戸風」「京風」の違いって?

おかずの定番・玉子焼きには「江戸風」と「京風」があるってご存じですか? ひと口に玉子焼きといっても、実は味も食感も大違いなのです。今回は、伊勢丹新宿店おすすめの「江戸風」「京風」の玉子焼きを食べ比べ! それぞれの特徴と魅力をレポートします。

2019年4月25日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
おかずの定番・玉子焼きには「江戸風」と「京風」があるってご存じですか? ひと口に玉子焼きといっても、実は味も食感も大違いなのです。今回は、伊勢丹新宿店おすすめの「江戸風」「京風」の玉子焼きを食べ比べ! それぞれの特徴と魅力をレポートします。

「江戸風」「京風」は味も食感も大違い!

だし文化が異なる関東と関西。玉子焼きにも味の好みに違いが現れています。甘辛い味を好んだ江戸っ子の「江戸風」玉子焼きは、砂糖やしょうゆを入れた甘露だしで濃いめに味付けた、いわゆる「厚焼き玉子」。一重に折りたたむように焼くため、しっかりとした食感になります。
一方で「京風」の玉子焼きは、卵にたっぷりのだし汁を加えた、あっさりと塩気のある「だし巻き玉子」。くるくると数回に分けて巻くため、ふんわりとした食感が特徴です。味の好みやシーンに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
それでは、「江戸風」と「京風」それぞれイチオシの玉子焼きをご紹介します。

江戸風①<日本橋弁松総本店>しっかりとした甘みとかつおだしのパンチ

<日本橋弁松総本店>玉子焼(1個/約5×10.5×3.5cm) 486円(税込)

<日本橋弁松総本店>玉子焼(1個/約5×10.5×3.5cm) 486円(税込)

嘉永三年創業、江戸のグルメたちを魅了してきた<日本橋弁松総本店>。弁当のおかずの中でとりわけ人気の玉子焼は、日本橋・八木長本店のかつおぶしでとっただしにみりんをたっぷりと効かせ、さらに砂糖、しょうゆを合わせた甘みの濃い味が特徴です。1本1本手焼きで仕上げ、表面がほんのり褐色に色づいたビジュアルが食欲をそそります。
食べた瞬間にだしがじんわりと溢れ、ジューシーな口当たり。かつおだしのパンチと、しっかりとした甘みもあるので、白いご飯のお供にぴったりです。
食感 ジューシーで弾力あり
甘み ★★★★☆
風味の特徴 パンチのあるかつおだし
取扱い:伊勢丹新宿店

江戸風②<つきじ鈴富>デザートのようなリッチな質感が新しい

<つきじ鈴富>銀座の鮨屋の玉子焼き(1本/約4.5×10×1.2~1.5cm) 2,160円(税込)※販売期間:2019年4月17日(水)~30日(火) 各日限定8個

<つきじ鈴富>銀座の鮨屋の玉子焼き(1本/約4.5×10×1.2~1.5cm) 2,160円(税込)※販売期間:2019年4月17日(水)~30日(火) 各日限定8個

話題の商業施設GINZA SIX<つきじ鈴富>で供される「銀座の鮨屋の玉子焼き」。上質な卵、芝海老と帆立のすり身、ザラメを使い、さらに黄身と油を混ぜた”玉元”を加えることで、上品で口溶けのよい味わいに仕上げています。スチームコンベクションで1枚に1時間をかけて焼き上げ、旨みを凝縮。ひと口ずつ大切に食べたい、ごちそう級の玉子焼きです。
黄身の鮮やかな色みとしっとりした見た目が印象的。まるでデザートのようなリッチな口溶けとともに、魚介の風味がふんわりと広がります。
食感 リッチな口溶け
甘み ★★★★★
風味の特徴 魚介の優しい香り
取扱い:伊勢丹新宿店

江戸風③<つきじ宮川本廛>コク深く丸みのある味わい

<つきじ宮川本廛>厚焼き玉子(1折/約10×12×3.5cm) 864円(税込)

<つきじ宮川本廛>厚焼き玉子(1折/約10×12×3.5cm) 864円(税込)

1893年創業の鰻の名店<つきじ宮川本廛>で定番人気を誇る「厚焼き玉子」は、その見た目通り「甘み」が伝統の江戸風。卵にしょうゆ、みりん、ザラメを加えたしっかりと甘みのある生地を、一つひとつ職人が手作りで仕上げています。ボリュームたっぷりなので、食卓の主役として家族で分け合うのもおすすめです。
濃厚な味わいながら、後味がすっと引いていくのでとても食べやすく、くせになるひと品。しっかりと焼き目が入った、香ばしい風味も魅力です。
食感 しっかりとした弾力
甘み ★★★★☆
風味の特徴 コク深めだが後味あっさり
取扱い:伊勢丹新宿店

江戸風④<亀戸升本>卵の濃厚なうまみとコクを存分に

<亀戸升本>玉子焼きハーフ(5切れ入り/約5×15×3.5cm) 486円(税込)※販売期間:2019年4月3日(水)~30日(火)※各日10食限定

<亀戸升本>玉子焼きハーフ(5切れ入り/約5×15×3.5cm) 486円(税込)※販売期間:2019年4月3日(水)~30日(火)※各日10食限定

明治38年創業、下町の味を守り続ける<亀戸升本>の名物「玉子焼き」は、卵そのものの味わいを存分に楽しめるひと品。地養卵の豊かなうまみを生かし、だしと砂糖で味付けるシンプルな製法で仕上げています。職人の手焼きによる贅沢な厚みに幸せ感もひとしお。食べきりにちょうどいいハーフサイズは、日々のおかずにはもちろん、行楽のお供にもおすすめです。
江戸風のラインナップのなかでは比較的やわらかめで、しっとりとした食感が特徴。卵の濃厚なうまみが、甘い味付けと絶妙にマッチしています。
食感 しっとりやわらかめ
甘み ★★★☆☆
風味の特徴 卵の濃厚なコクとうまみ
取扱い:伊勢丹新宿店

京風①<懐石料理 青山>オリジナル合わせだしの風味たっぷり

<懐石料理 青山>京だし巻(1本/約7×11×3cm) 432円(税込)※1日10本限定

<懐石料理 青山>京だし巻(1本/約7×11×3cm) 432円(税込)※1日10本限定

昭和29年創業の歴史ある<懐石料理 青山>の「京だし巻」は、幾重にも巻き上げられた卵の層が美しい京風仕立てです。だしのうまみをたっぷりと含んだ、しっとりとなめらかな口当たりが人気です。
食べた瞬間にジュワッとあふれ出す合わせだしは、繊細かつ奥行きのある風味。今回のラインナップのなかで、最もだしの存在感があります。甘くないので、ねぎや大根おろしを添えて酒の肴にも。
食感 ジューシーでとてもやわらか
甘み ★☆☆☆☆
風味の特徴 合わせだしの香りが芳醇
取扱い:伊勢丹新宿店
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう