ライター : Sheage(シェアージュ)

Sheage(シェアージュ)は、「私らしく、もっと輝く」をテーマに生まれたライフスタイルメディア。 インテリア雑貨・グルメ・レシピなどを中心に、一歩先の上質な日々を叶える情報をお届…もっとみる

新潟県産の地粉でパン作りを行うパン屋さん

この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。
新潟県新潟市にある「新潟地粉パンの店 cosa(コサ)」は、その店名にもあるように、100%新潟産の小麦(地粉)を使ったパンを製造・販売しているパン屋さん。保存料や添加物は使わず、卵や乳製品も控え、極力素材の味を生かした食事パンを揃えています。

グルテンなどの含有量が低めな小麦「ゆきちから」を使用

cosaがパン作りに使用している新潟県産の小麦「ゆきちから」は、他の国産小麦と比べてグルテンやタンパク質の含有量が低めなのだそう。それでいて、小麦自体の味と香りを十分に楽しめます。パンが好きだけどグルテン・タンパク質を控えたい…という方に特におすすめしたいパンたちです。 そんな地粉の味わいを感じてもらうため、cosaで作っている食事パンはどれもシンプル。定番のものから曜日限定パンまで、バラエティ豊かなメニュー展開となっています。

焼印が可愛らしい「ガンジー牛乳のみるくパン」

その中には、こんな愛らしいパンも。希少種のガンジー牛からとれたゴールデンミルクを水の代わりに使用した「ガンジー牛乳のみるくパン」です。しっとりとした口当たりとほんのり漂う甘い香りに加え、表面に施されたcosaオリジナルキャラクターの焼印がとてもキュート。お店に訪れると、いつもこの可愛いキャラクターたちが棚に並んでお出迎えしてくれます。焼き型の数と牛乳の量の関係で大量に焼くことができないそうなので、気になる方はお早めに。

好きなパンとフィリングを選べる「オーダーサンドイッチ」

また、店頭では、お好きなパンとフィリング(具材)を選んで作ってもらえる「オーダーサンドイッチ」も注文可能。店頭に並んでいるパンと、15種類前後も用意されているフィリングの中からどれでも好きな組み合わせを注文できるので、新しいメニューを考えるのが楽しそうです。フィリングはポテトサラダやキャロットラペなどのおかず系から、クリームチーズやはちみつバターなどのスイーツ系までさまざま。その日の気分に合わせて、あなただけのメニューを作ってみてはいかがでしょうか。

その日の限定メニューはSNSをチェック

定番のパンや曜日限定パンのほか、その日限定のメニューを作って販売することもあるcosa。インスタグラムなどで情報発信を行っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。店内には、その場でゆっくりとパンを味わうことができる予約制のカフェスペースがあります。これからの季節のカフェタイムにぴったりなテラス席もあるので、日にちを決めて予約してみてはいかがでしょうか。 また、東京の表参道にある新潟のアンテナショップ「表参道新潟館ネスパス」では、毎週木・土曜日にcosaのパンが委託販売されているのだそう。東京にいながら、新潟県産のパンの味わいを楽しめるチャンスなので、訪れてみてはいかがでしょうか。
writer / いおり photo / 新潟地粉パンの店 cosa
取材協力
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ