圧力鍋で料亭風!さんまの煮付けの作り方

白ごはんが止まらない日本のおかずといえば、煮魚ですね。本記事では、さんまを圧力鍋で煮付けにする方法をご紹介します。しっかり煮ることで骨までやわらか、甘しょっぱい味付けは何回食べても飽きません。さんまをもっと楽しめるよう、いろんな味付けレシピもご紹介しています。ぜひお試しください。

2019年5月22日 更新

人気アレンジ!さんまの圧力鍋煮のレシピ5選

1. さんまの梅生姜煮

煮魚×梅干しは誰もが大好きなテッパンレシピ。濃いめの味付けのなかに梅干しの酸味が食欲をそそります。夏場などは、梅干し効果で傷み防止にも役立ち一石二鳥。

ひと口サイズにして大皿に盛りつけて♪ 白米がばくばく進んじゃいます。しっかり味なのでお弁当のおかずにもおすすめですよ。

2. さんまと大根の煮物

お魚の煮付けは、魚のお出汁がいっぱいでて煮汁までおいしい。その煮汁、もっと有効活用してみませんか。大き目の大根を一緒に入れて炊いてしまいましょう。圧力鍋で一気に仕上げるから、大根はほっくほく、さんまは骨までやわらかい。

家庭の味が食べたくなったら作りたい。なんだかほっこりする、和の定番料理です。

3. さんまの柚子味噌煮

おもてなし用のお料理はパッと華やかな洋風が多いイメージですが、煮魚だってお客様にお出ししてもおかしくありません。その場合、少しひとひねりあるとレシピを聞かれたりと、話題になりますね。

4. 洋風!骨まで食べられるさんまのトマト煮

さんまとトマトソースと聞くと、和と洋の対極のイメージがありますが、外国でもよく作られている組み合わせなんです。くさみもなく、甘い酸味がマッチしてとってもおいしい!食卓が華やぐのでおもてなし料理にもなりますよ。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう