圧力鍋で料亭風!さんまの煮付けの作り方

白ごはんが止まらない日本のおかずといえば、煮魚ですね。本記事では、さんまを圧力鍋で煮付けにする方法をご紹介します。しっかり煮ることで骨までやわらか、甘しょっぱい味付けは何回食べても飽きません。さんまをもっと楽しめるよう、いろんな味付けレシピもご紹介しています。ぜひお試しください。

2019年5月22日 更新

圧力鍋で骨までやわらか。さんまの煮付けレシピ

さんまの煮つけを箸で取り分けている様子

Photo by ako0811

圧力鍋で時短調理、骨までやわらかなさんまの煮つけを作ってみましょう。たっぷりのお酒を使って煮ることで、くさみなく味のぐっとしまったおいしい煮魚になりますよ。

生姜を効かせて、さやわかに♪ 白ごはんが止まらない、甘しょっぱいお味は日本人の定番おかずですね。

材料(4~5人分)

・さんま……4尾
・生姜……1片
・酒……1/2カップ
・水……1/3カップ
・しょうゆ……大さじ2杯
・みりん……大さじ2杯
・砂糖……大さじ1と1/2杯

作り方

1. さんまは頭を切り落として、はらわたを取り除き、冷水でサッと水洗いします。

2. 食べやすい大きさ(今回は3等分)にカットします。

3. 塩を薄くふって10分ほどおきます。余分な水分をキッチンペーパーでふき取るとくさみが取れますよ。

4. 生姜は、繊維を断ち切るように薄切りにします。

5. 圧力鍋に、材料の調味料すべてと生姜の薄切りを加え全体が混ざり合うよう火にかけます。

6. 調味料が湧いたら、さんまを重ならないように並べます。

7. 蓋をして中火で8分ほど加圧し、そのまま自然放置します。

8. 圧が下がれば、蓋を開けます。そのままでも、いただく前に再度加熱してもおいしいですよ。

作るときのコツ

さんまは、はらわたを取り除き、全体にまんべんなく塩をふりましょう。染み出た水分はくさみとなるので、キッチンペーパーなどできれいにふき取るとおいしく仕上がります。

シンプルな味付けにしましたが、夏場などは梅干しを1~2個加えて煮てもさっぱりとおいしいですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう