ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

韓国のカフェはとにかくおしゃれ

かつて韓国のカフェの中心地はカロスキルというエリアでした。それが今やホンデやソウル全域にカフェがあるそう。しかも一年で店が入れ替わるほどスピーディー。 明洞から30分ほどののエリアがアツイので、最近は明洞に滞在しないことも多いのだそうです。どんどん進化する韓国カフェ事情を、ひとり旅エキスパートの旅女インスタグラマー、Rさん(@ry0k0_iwa0)に教えてもらいました。

1. まるで京都のお店のような「ミルトースト」

最初にご紹介するお店「ミルトースト」はトーストカフェ。古民家が集まるイクソンドンエリアにあるとってもおしゃれなお店です。食パンの暖簾を目印に探してください。古民家をリノベーションした店内は、天井が高く解放感いっぱい。
「スフレトースト」13,000ウォン
ブリオッシュを使ったふわふわの「スフレトースト」。添えられているのは、黒ごまペースト・バター・あんこ。なかでも黒ごまペーストが素晴らしく、ぜひ味わってほしいひと品だそうです。 ほかには、セイロで蒸した「スチーム食パン」もおすすめ。セイロに入ったパンは珍しいだけでなく、なんだかほっこりする見た目なんだとか。

2. 圧巻のあんバターサンドが有名「ソウルコーヒー」

こちらも同じくイクソンドンにある「ソウルコーヒー」。大人気のお店のひとつです。混雑していますが、結構すんなりと買うことができたそう。今、韓国に行くならイクソンドンはハズせないエリアなので、チェックしてくださいね。
「あんバター食パン」3,500ウォン
インパクト絶大の「あんバターサンド」は、バターが2枚と多め。左の黒いパンはなんとイカ墨パンなのだそうです。コーヒーがとてもおいしいそうなので、ぜひ一緒に味わいたいひと品ですよね。

3. 話題のトレンドスポット「fave bakery」

いま話題のトレンドスポット「fave bakery」もご紹介します。ひと昔前のソウルを知っている人は、ここは一体どこ?と思ってしまうでしょう。とても洗練されたおしゃれなお店ですよ。ヨンナムドンという場所にあります。
美しいラテアートのコーヒーのほか、いちごを使った「ダブルベリー」なども人気のドリンク。最近増えているボトル入りミルクティーもあり、こちらもおすすめです。 ベーカリーなのでパンもおいしくて、なかでもクロワッサンやデニッシュが人気なのだそうです。

4. 女子人気バツグン!「hi hey hello!」

キュートさで韓国女子の心をがっちりつかんでいる「hi hey hello!」。カロスキルにある人気店で、女子悶絶のメニューがずらりと並びます。人気の秘密はメニューや内装だけでなく、キュートなグッズにもありそう。 コスメに見えるこちらはなんと呼び出しブザー。日本のフードコートで、注文したあとお店から渡されるアレです。こんなにかわいいいブザーがあるんですね。
モノトーンでまとめられたタイルの床やテーブルに緑がいっぱいの店内は、いたるところが撮影スポット。おいしいと評判のコーヒーだってこんなにフォトジェニックです。 ベーカリーやギャラリーも併設されていて、そちらも人気なのだそうですよ!

5. 羊柄のスリーブがお目当て「エレクトリックシープ」

ヨンナムドンにある「エレクトリックシープ」は、ミニマムシックな内装が大人っぽいお店です。あまり広くないので、混雑時は行列必須なのだそう。深夜12まで営業しているのも嬉しいですよね。ホンデ駅から近くアクセスがよいので便利ですよ!
「electric sheep」オリジナルブレンド 5000ウォン
エレクトリックシープでぜひチェックしたいのが羊柄のスリーブです。実はRさんこれがお目当てでした。ドリンクやカフェメニューに合わせたピンクなんだそうですよ。人気のロールケーキやスムージーも気になります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS