連載

もう他のは食べられない。千駄木腰塚の自家製コンビーフは極上の味わい【お取りよせ】

昭和24年の創業以来、谷中・千駄木よみせ商店街で愛され続けている精肉店「千駄木腰塚本店」。その店の2階で職人が丹精込めて作っている「自家製コンビーフ」をご存知でしょうか?口に入れたらスッと溶けてしまう上品な脂と旨みを凝縮した肉の繊維。実食レビューと共にご紹介します。

2019年4月6日 更新

下町風情溢れる谷根千で昔から愛される「自家製コンビーフ」

箱に入ったコーンビーフとパンフレット

Photo by macaroni

谷根千(やねせん)といえば、数々の商店が軒を連ねる「谷中ぎんざ(商店街)」や赤い鳥居が印象的な「根津神社」などが有名です。

谷根千にある谷中・千駄木よみせ商店街は、今でも賑わいの絶えない商店街。そこに昭和24年創業以来、近所の人たちから下町のお肉屋さんと愛され続けている「千駄木腰塚本店」があります。松阪牛や近江牛などの銘柄牛を取り扱ったり、ハムやウインナーを自社製造したりしている名店。

自社製造している加工肉のなかでも「自家製コンビーフ」は、週末に遠方から買いにくる人がいるほどの人気商品。多くのメディアにも取り上げられている、この「自家製コンビーフ」をお取り寄せできるという情報をキャッチし、さっそく取り寄せました。

コンビーフとは思えない上質な味わい

木のトレイに乗ったコーンビーフ

Photo by macaroni

パウンドケーキ型のような容器にぎっしり詰められた「自家製コンビーフ」。取り出してほぐそうと少し触っただけで、脂が溶けました。食べる前から口どけが期待できます。

ギュッと成形された肉の繊維は、箸ですこし崩すと空気を含んでふわっとほぐれました。まずは、そのままの味わいをいただきます。
箸でコーンビーフを持ち上げている

Photo by macaroni

ひと口食べた瞬間に舌の上で脂がサッと溶け、ほのかな甘みを感じました。肉の繊維は、噛むほどに肉の旨みが染み出てきます。塩気の味わいがちょうどよく、いくらでも食べられそう。

筆者が最後にコンビーフを食べたのは、中学校の林間学校の朝食でした。あのときのバサバサした口当たりのものとは比べ物にならない逸品です。

旨みが絡み合う「コンビーフTKG」

黒い茶碗に入ったコーンビーフ卵かけごはん

Photo by macaroni

炊きたてのごはんに「自家製コンビーフ」をたっぷり乗せ、卵黄、青ねぎ、わさびを添えた「コンビーフTKG」。公式サイトでもおすすめの食べ方をさっそく実食しました。

卵黄をそっと崩し、しょうゆを少々垂らします。卵黄が絡んだコンビーフにわさびを乗せ、ごはんと一緒にいただきます。ごはんの湯気でコンビーフの脂が溶け、口に入れた瞬間に甘みを感じました。続いて卵黄の濃厚な味わいとコンビーフの旨みがごはんと相まって、思わず「おいしい!」と声が出てしまうほど。

後からわさびのツンとした爽やかな香りが鼻を抜けます。この辛みがコンビーフの甘さをより引き立てている印象でした。

絶品コンビーフ × 濃厚チェダーチーズ 「贅沢ホットサンド」

木の皿に乗ったコーンビーフチーズホットサンド

Photo by macaroni

コンビーフと相性がいい「食パン」。今回は濃厚な味わいのチェダーチーズと塩もみの千切りキャベツと一緒にホットサンドにしました。

食パンにマヨネーズを塗り、キャベツ、コンビーフ、チェダーチーズの順に乗せ、最後に食パンをかぶせます。フライパンにバターを溶かし、両面4分ずつ焼いたらできあがり!

出来たて熱々をひと口食べると、ジューシーなコンビーフと香りの強いチェダーチーズが混ざり合い濃厚な味わいでした。焼いたことで脂が溶けて甘みが増し、より旨みとコクが増します。

▼フライパンでホットサンドが作れる簡単レシピはこちら

「自家製コンビーフ」でちょっと贅沢な食卓を

木の板に乗ったコーンビーフと木の皿に乗ったホットサンドと

Photo by macaroni

「千駄木腰塚」の「自家製コンビーフ」は、まるでやわらかい肉質のサーロインステーキを食べているような感覚になりました。コクのあるしっかりした味わいなので、バルサミコ酢やレモンをかけていただくのもおすすめ。

お値段はふつうのコンビーフに比べると少々お高めですが、食べて納得の金額です。噛めば噛むほど、しっかりと牛肉の旨みと上品な脂の甘みを感じる逸品。ぜひ取り寄せてみてください。

商品情報

「自家製コンビーフ」
内容:400g
価格:¥2,160(税込)
賞味期限:商品パッケージに記載(未開封で約3週間)
文/小林 萠、写真/田上 大輝 (macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう