マンネリ脱却。「真鯛」「海老」「地鶏」の麺専用つけつゆ登場!

うどんやそば、そうめんなどの常備麺は、忙しいときに大助かり。ですが、ついつい“いつもと同じ味付け”になりがちでマンネリ・・・。そんなときにぴったりなのが、2019年2月に発売されたばかりのヤマキのだしが自慢のつけつゆ」シリーズです!

2019年4月8日 更新

いつものうどんに飽きたときに!

いつものうどんに飽きたときに!

〈左から〉地鶏白湯つゆ、真鯛塩つゆ、海老辛つゆ 各40g×2袋 各208円(税抜)

自宅の常備麺として定番のうどんは、食べ方や味付けもマンネリになりがち。

そんなときに試していただきたいのが、2019年2月に発売したばかりのヤマキの新商品「だしが自慢のつけつゆ」シリーズ。家庭ではつくりだせない贅沢感があるつけつゆで、お家にいながらもお店のような麺料理を楽しむことができます。

3種の味はどれも夏に食べたくなる味

3種の味はどれも夏に食べたくなる味

〈左から〉真鯛塩つゆ、地鶏白湯つゆ、海老辛つゆ ※稀釈済

「だしが自慢のつけつゆ」には、「地鶏白湯つゆ」「真鯛塩つゆ」「海老辛つゆ」の3種があります。

「地鶏白湯つゆ」は、徳島県産阿波尾鶏のコクと野菜のうま味にかつお節、宗田かつお節のだしを効かせた味わい深いつけつゆ。つゆににんにくを加えるとパンチが効いた味わいになり、中華麺にもぴったり。

「真鯛塩つゆ」は、愛媛県宇和海産真鯛の上品なうま味に、さわやかな柚子の風味を効かせたさっぱりとした味わいに。つゆにワサビをプラスすると、ピリッとした和風になり、そばともおいしくいただけます。

「海老辛つゆ」は海老の濃厚なうま味と風味に、ごま油の香りと豆板醤・唐辛子の辛味を効かせた食欲がそそるつけ汁。マヨネーズと一緒にパスタにあえると、洋風レシピが楽しめます。
「だしが自慢のつけつゆ」は、うどんによく絡むのも特徴。1人前×2食入りの袋タイプなので、1人の昼食でも使い切りやすく、ママのひとりランチにもぴったりです。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう