“感じ良い暮らし”を提唱する「無印良品 銀座店 / MUJI HOTEL GINZA」がこの春誕生

衣食住にまつわる7000以上のアイテムを揃え、暮らしをサポートする無印良品。この春、世界最大の売り場面積を誇る世界旗艦店「無印良品 銀座店」が誕生します。同建物には世界3つ目となるMUJI HOTEL GINZAも併設。注目を集める新スポットを、ひと足お先に覗いてきました。

2019年4月3日 更新

無印良品の世界旗艦店が銀座に誕生!

無印良品 銀座店の外観画像

Photo by macaroni

使いやすさとシンプルさで、今や生活に溶け込み暮らしを支える無印良品。この春、新たなライフスタイル“感じ良い暮らし”を発信する世界旗艦店「無印良品 銀座店」が誕生します。

同店舗は、無印良品単独の店舗面積では世界最大を誇り、地下1階から5階には衣食住にまつわるさまざまなアイテムが揃います。

さらに同建物の6階から10階には、中国の深圳、北京に次いで世界3店舗目となるMUJI HOTEL GINZAを併設。旅先であっても日常の延長にあるような心地よい空間作りと、宿泊客と土地をつなげるサービスが提供されます。

オープンに先駆けて開催されたプレス内覧会をレポートします。

コンセプトは「ヒトとつながる」「マチをつなげる」

日替わり弁当を手に持っているようす

Photo by macaroni

良品計画 社長の松崎氏は「マチに必要な居場所であり、いつでも立ち寄れる公園のような場所でありたい」と、無印良品 銀座店に込められた想いを語りました。

その一貫として生産者と食べ手をつなぐ青果販売、近隣で働くヒトに向けた化学調味料不使用で安心安全なお弁当販売を行います。さらに銀座の観光ガイドや、ランニングウェアの貸し出しなど、銀座のマチとヒトに寄り添う様々な取り組みを行なっていくそうです。

食に関するコンテンツが充実!

1Fの青果販売コーナー

Photo by macaroni

1階 青果販売コーナー

衣・食・住のそれぞれについて、新たな取り組みが行われている銀座店。食に関するコンテンツが特に充実しています。1階のフロアテーマを「くらしの基本となる食」として、無印良品おなじみのレトルト商品やカレーなどを販売。さらに焼きたてのパンを販売するベーカリー&ジューススタンドに、好みのお茶をその場でブレンドできるブレンドティー工房を併設しています。

ギフトにもぴったり「ブレンドティー工房」

ブレンドティー工房では、飲むシーンやその日の気分に合わせて32種類のレシピからお好みのブレンドを選べます。工房では毎日「本日のブレンド」の試飲を開催。今回は有機緑茶を使用した甘夏フレーバーのブレンドをいただきました。ふわっと香る甘夏の爽やかな香り、緑茶のすっきりとした苦味の余韻が残る味わいでした。

ブレンドされた茶葉は、30g以上のお好みのグラム数で購入できます。ご自宅用はもちろん、ギフトにもぴったり。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう