暮らしの道具が約1,200点。関西最大規模の中川政七商店が奈良にオープン

“暮らしの道具”をコンセプトに展開する生活雑貨ブランド「中川政七商店」の新店舗が「近鉄百貨店奈良店」に2019年3月15日(金)にオープン。“暮らしの道具”を約1,200点以上用意し、その土地ごとに受け継がれてきた職人の技や想い、暮らしの知恵が息づく品々が楽しめます。

2019年4月2日 更新

関西最大級「中川政七商店」がオープン

1716年創業の奈良の老舗、株式会社中川政七商店。“暮らしの道具”をコンセプトに展開する、会社名を冠した生活雑貨ブランド「中川政七商店」の新店舗が「近鉄百貨店奈良店」に2019年3月15日(金)にオープンします。

関西最大の広々とした店内では、全国のつくり手とともに生まれた“暮らしの道具”の数々に 加え、奈良生まれの品々を集めた約10坪のコーナー「大和路 暮らしの間」を近鉄百貨店と 協同展開。 “地産地育”をコンセプトにし、まだ知られていない奈良のものづくりの魅力を届けます。

奈良で生まれた”暮らしの道具”に出会える新店舗

奈良と言えば、日本最古の都でありながら“鹿と大仏”のイメージが強く、これまで地元のものづくりやそれに携わる人々が注目されることは少ない地でした。その一方、近年奈良発のアイテムやブランドが全国に広がり始めています。
奈良で生まれた”暮らしの道具”に出会える新店舗

花ふきん

生産量日本一の靴下産地で作られる機能性高い靴下や、かつての蚊帳を現代の生活にふきんとして再生させた「花ふきん」、奈良・吉野の広大な山々で育てた果実を展開するブランド「堀内果実園」など、奈良らしさが息づく品々が誕生。

中川政七商店自身も奈良で創業し、奈良で育ち、全国へ展開した企業です。地元生産者を応援し、奈良から全国への飛躍を後押ししたいという想い、また地元生産者の発掘・育成によ り地域性の高い百貨店を目指す近鉄百貨店とのコラボレーションにより生まれた「大和路 暮らしの間」コーナーも見どころです。

台所の道後や季節の死辛いなどの暮らしの道具も約1,200と充実。永く付き合える良品がきっと見つかるはずです。

店舗概要

住  所:奈良県奈良市西大寺東町2-4-1 近鉄百貨店奈良店 5F
電話番号:0742-30-1810
営業時間:10:00~20:00
定休日:館に準ずる 
面積:46.33坪
店舗デザイン:佛願 忠洋(ABOUT)

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう