和食の定番料理♪ たけのこ×わかめの煮物レシピ&アレンジ3選

今回は、春に旬を迎えるたけのことわかめを使った煮物(若竹煮)の基本レシピをご紹介します。なかなか味が染み込まなかったり、たけのこの形が崩れてしまったりしてしまう料理ですが、コツさえ分かれば再現性を持っておいしく作れますよ!その秘訣をご紹介します。

2019年4月23日 更新

たけのこ×わかめのアレンジ煮物レシピ3選

1. ツナをプラス!たけのことわかめの煮物

まずは簡単なアレンジレシピ♪ツナを追加するだけで旨味がアップするひと品です。余ったツナは翌朝のパンにつけて食べたり、ご飯の上にツナ・カツオ・醤油を混ぜてふりかけ風にして一緒に食べるとおいしいですよ。

2. 春の旬食材使用!ハマグリと若竹煮

春の旬食材であるハマグリとたけのこを使ったひと品。レシピのようにハマグリのゆで汁も使用することで、ハマグリに含まれているコハク酸と言われる旨味がプラスされておいしくなりますよ!ハマグリの代わりにあさり、しじみを使用しても旨味アップが期待できます。

3. おにぎりに変身!たけのことわかめの煮物アレンジ

煮物を混ぜご飯風にしておにぎりにしたアレンジレシピ♪お弁当に入っていると見た目もかわいくて食べやすいですね。ただし煮物をそのまま使用すると水分が多くなり過ぎてしまうので、おにぎり用に水分は調整しましょう。

旬の食材をおいしく調理♪

若竹煮は和食の定番料理なので、作れるようになりたいひと品。コツをみながら作ってみましょう!

また若竹煮が余ってしまった際は、アレンジレシピを参考にして異なる料理にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?あえて多めに作ってアレンジ料理を楽しむのもいいですね。
【執筆】管理栄養士:合田麻梨恵
兵庫県出身。『和食』のある食卓を囲み、豊かな生活を広めるべく、和食ライフスタイリストとして活動中。おいしさ、時短、栄養バランスが整う、驚きの"1アイデア"のある『和食』をテーマにレシピから卒業する料理教室を主宰。
▼そのほか、たけのこを使ったおすすめレシピはこちら
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう