ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

女性に嬉しい「花かご墨田定食」が完成!

Photo by macaroni

東京都墨田区の京成曳舟駅から歩いて10分ほどのところにある「キラキラ橘商店街」。 500mほどの一本道の商店街は50年以上の歴史があり、昔から続く古いお店が並びます。スカイツリー型のおかずや、あらゆるコンテストで受賞している絶品豆腐屋など、ここでしか買えないグルメが満載。 今回は、そんなキラキラ橘商店街で、今回は女性のための「花かご墨田定食」を作成!総額は990円とまたもや予算ギリギリでしたが、大満足な内容に仕上がりました。 スカイツリーからも近いので、観光の帰りに夕飯のおかずを買いに行ってみてください。

京成曳舟や押上からアクセス

Photo by macaroni

最寄り駅は京成押上線の「京成曳舟駅」。歩いて10分ちょっとで到着します。他にも、東武伊勢崎線「東武曳舟駅」や、東武亀戸線「小村井駅」からも歩いてアクセス可能です。 少し距離があるので、JR「亀戸駅」や各線「押上駅」からバスを利用するのもおすすめ。詳しくは商店街の公式ホームページをご覧ください。

Photo by macaroni

商店街は写真のように縦長の1本道。マップの左(明治通り側)から右(たから通り側)へ向かって進みながら、お店をご紹介していきます。 さっそくおかず集めスタートです!

“専門店”のお惣菜をゲット!

1. デリカショップくるみ「メンコロ」

Photo by macaroni

まずはデリカショップくるみから。揚げ物から焼き鳥、クリームシチューのような洋食まで、幅広く食卓のおかずが揃うお店です。 ストライプの屋根と、ギンガムチェックのテーブルクロスが目印ですよ!

Photo by macaroni

こちらでは、キラキラブランドという気になるポップがついた人気No.1の「メンコロ」をゲット。 店員さんにキラキラブランドについて聞いてみると、“キラキラブランド認定委員会”が吟味して厳選した、商店街自慢の逸品のことだそう。各店が独自に生み出したオリジナルの商品を、味や品質などの審査基準で選んでいるそうです。 これは食べておかないと!ということで、ひとつお買い上げ。

2. 武藤水産「焼き鮭」

Photo by macaroni

続いて、青緑の看板がきれいな魚屋を発見! 鮮魚や貝類も売っていますが、焼魚や煮付け、たまご焼きなど、調理済みの商品もたくさん販売されていました。「一人暮らしの人が増えたからね」とお話しされていましたが、帰ってすぐに食べられるお惣菜を鮮魚専門店で買えるのは嬉しいですね。 定食の定番である焼き鮭(180円)をゲット。切り身ではない部分を、ときどきこうして安く販売しているそうです。ラッキー!

3. 三善豆腐工房「豆乳プリン」

Photo by macaroni

続いて、「三善豆腐工房」は、墨田区京島に2店舗かまえる豆腐屋さん。近くの工房でも、時間によっては購入可能だそうです。 “全国豆腐品評会2017”では東京都知事賞を、“関東うまい豆腐選手権2018”では銀賞を獲得。過去にも多数の受賞歴をもつ、豆腐好きに有名な豆腐屋さんなんです。 代表受賞作「小糸在来の絹」をはじめ、ゆず豆腐やごま豆腐、おからを使ったお惣菜など商品ラインナップがとても豊富!今回は定食のデザートとして豆乳プリン(130円)を購入しました。

スカイツリー型のお惣菜......?

4. 大黒屋「スカイツリーの青のり天」

Photo by macaroni

続いて、おでん種専門店の大黒屋。 専門店が作る味の染み込んだおでんにもそそられますが、今回はスカイツリー型をした練り物があると噂を聞いてやってきました。

Photo by macaroni

見てください、この本物のスカイツリーのごとく立派な佇まいを! 中には青のりが練り込まれています。墨田区にあるキラキラ橘商店街ならではの商品で、しかも60円というお手頃価格。ぜひ記念に買って帰ってくださいね。 左隣もお花型でキュート。こちらは刻んだ紅生姜がたっぷり練り込まれています。
Photos:18枚
かごにおかずとおにぎりを詰め込んだ定食
キラキラ橘商店街
商店街のマップ
デリカショップくるみの外観
まん丸のメンチコロッケ
青い看板の魚屋
三善豆腐工房の外観
おでん種大黒屋の外観
スカイツリー型の練り物
鳥正本店の外観
てりが綺麗な焼き鳥
港屋の外観
赤飯のパック
もちこみ屋の外観
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ