お酒や料理にも使える「スイートサクラティー」で粋な贈り物はいかが?

1年に1度、限られた時期しか見ることができないさくら。その儚さも美しさのうちですが、もっと長く楽しめたらいいのに......。今日はそんな願いを叶えてくれるさくらのお茶をご紹介します。特別な春の日のパーティー料理に使ったり、大切な人へのお祝いギフトにぜひ使ってみてください。

2019年3月28日 更新

さくらの花びらが入ったお茶

桜花 箱と中のパッケージ

Photo by macaroni

日本を代表する花、さくら。今年も東京や各地で開花がはじまり、すでにお花見をした人もいるのではないでしょうか。

さくらはずっと見ていても飽きないほど美しく風情がありますが、毎年あっという間に散ってしまいますよね。その儚さもさくらの魅力のひとつですが、今回は散らず、しかも年中楽しめるさくらのお茶「スイートサクラティー 桜花」をご紹介します。

桜花は、お湯を注ぐだけでさくらが浮かぶフラワーティー。1箱に4袋入っており、封をあけるとさくらの塩漬けのような中身が出てきます。
桜花の中身、桜の塩漬けみたい

Photo by macaroni

開けた途端、すでにさくらの甘い香り。さくらは一年に一回、咲いたタイミングでしか採取できません。香りが一番強くなる夜に良い花を選んで摘み、独自の製法によってカップの中で花咲くお茶に仕上げています。

お茶としてはもちろん、それ以外にも活用法がたくさん。お花見に持っていってお酒に浮かべたり、お吸い物に浮かべるのも粋です。賞味期限が長いので、さくらが見れない季節に家のなかでティータイムを楽しむのもいいですね。

1. そのままサクラティーとして飲む

さくらが浮かぶお茶

Photo by macaroni

まずはそのままお茶としていただきます。

封をあけてティーカップに中身を入れ、お湯をそそいで蓋をして1分。お湯のなかにさくらが泳ぎほんわりと湯気が立っている姿は、外でみるさくらとは違った美しさがあります。思わず見とれてしまいそうです。
サクラティーとお茶菓子

Photo by macaroni

さくらの季節は、お菓子屋さんやスーパーにたくさんのさくらのお菓子が並ぶのもたのしみのひとつ。来客時、さくらのお茶菓子といっしょに出せば素敵なおもてなしができます。

さくらの塩気と甘さがほんのり感じられるやさしいお味。日本茶のような苦みはなくお茶としての風味は強くないので、濃いお茶が好きなかたは薄めに煮出した日本茶とブレンドしてもいいかもしれません。

2. 日本酒やお酒に浮かべて

日本酒にうかベたさくら

Photo by macaroni

続いては日本酒に浮かべて。

おちょこにサクラティーの中身をセットしておき、温まった熱燗を注いでください。日本酒のいい香りといっしょに、さくらの甘い香りも漂います。

忙しくて花見に行けない人や、人混みより家でゆっくりしているほうが好きというかたにぴったり。夜、さくらを眺めながらしっぽりと乾杯なんていいですね。

3. 寒天ゼリーやアイスなどのデザートに

小鉢に寒天として固めたさくら

Photo by macaroni

ほんのりピンクでかわいらしいさくらは、デザートにぴったり!

透明な寒天ゼリーはさくらが映えるのでおすすめ!ほかにも、プリンの上に飾ったり、アイスクリームの上に乗せたり、温かいおしるこに乗せるのも日本らしくていいですね。

紅茶や日本茶とのセットも販売中

桜花と紅茶、小箱と中身

Photo by macaroni

ギフトセット 972円(税込)

今回ご紹介したのは、さくらの花びらが入った「スイートサクラティー 桜花」でしたが、販売元のティーブティックでは他にも多数、さくらの商品を取り扱っています。さくらの香りとハーブをブレンドしたフレーバーティーや、さくらラテなどもありますよ。

写真のように2種類が楽しめるギフトセットもあるので、卒業・入学などの春のご挨拶に大切な人に贈る、なんていうのも素敵じゃないでしょうか。

今年の春は、目も心も癒されるサクラティーで平成最後のさくらを大満喫しましょう。

商品概要

スイートサクラティー 桜花
内容量:4袋
価格:540円(税込)
賞味期限:製造日から2年
販売元:世界のお茶の専門店 ティーブティック
文・写真:古矢 美歌(macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう