銀座で暮らすように泊まる。最高の朝食を武器に、新世代ホテルが開業!

銀座8丁目、高級ブランドの路面店や話題のレストランが軒を連ねる東京随一のエリアに「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」が2019年3月20日にオープン。レストランをプロデュースするのはトランジットジェネラルオフィス。この春マストゴーなおしゃれスポットの誕生です!

2019年3月22日 更新

自由に自分色でステイ

この春、銀座8丁目という、ビジネスにもレジャーにも最高の立地に誕生した「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」。

ロイヤルパークホテルグループの新ブランドである「キャンバス」という名前には、「キャンバスに絵を描くかのごとく、自由に自分色でご利用いただく」という想いが込められています。

キャンバスブランドは東京では初になり、国内では名古屋に次ぐ2軒目になります。

流行をおさえた「スモール&ラグジュアリー」

ここ数年、海外のホテルで増えているのは大型ホテルと差別化した、小規模で個性的なホテル。心地よいサイズ感と、ほどよいお籠り感で旅慣れた大人から支持を得ています。

「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」は121室と小規模ではありませんが、一見ホテルらしからぬシンプルなエントランスや最小限のロビー、オープンでフレンドリーなバーカウンターに、くつろぎのラウンジスペースとメリハリのある造りでトレンドをおさえています。

さっそく、ロビーやレストラン、客室を探索してみましょう。

朝から夜まで、懐の広いウエルカムバー

エントランスを入ってまず目に入るのがバーカウンターを備えたCAFE&BARの「サリュウ(SARYU)」です。
日本茶にフォーカスし、蔵前の「NAKAMURA TEA LIFE STORE」監修のもと、6品種をセレクト。

ティータイムにはそれぞれの茶葉の魅力を存分に引き出したお茶を使った、鮮やかでユニークなモクテルやティーカクテルをお茶菓子と共にたのしめます。

他にも海外でも人気の高いジャパニーズウィスキーやプレミアム焼酎など、旅行者の好みをおさえたラインアップでバータイムを盛り上げます。
併設されたボトルショップにはデザイン性にこだわったティーやジュース、グローサリーやギフトアイテムがずらりと並びます。
部屋でたのしむのはもちろん、お土産としても優秀な逸品が日本全国から厳選されています。

大人をワクワクさせるライブラリー&ラウンジ

ロビーから階段で2階にあがると、スタッフ渾身のレコードコレクションが並び、ゲストが自由に聞くことができる「ミュージックライブラリー」があります。

さらにその奥に進むとゆったりとしたラウンジスペースがあらわれます。
ソファで雑誌を読みながらくつろいだり、ブース席では集中して仕事をすることも可能です。

さらに立派なキッチンもあるのでイベントやパーティを開催するのも良さそうですね。

ライブラリーの隣にはこじんまりとしたジムもあるので、毎日ワークアウトが欠かせない人も安心です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう