弱火でコトコト♪ 基本のラタトゥイユの作り方&アレンジレシピ5選

みなさんはラタトゥイユを作ったことがありますか。おいしいラタトゥイユは煮込んで完成するトマトをベースとしたフランスのお惣菜のこと。おいしいお野菜のあま味をたっぷり味わいながらお肉やお魚も楽しめますよ。ぜひ、基本の作り方からお試しくださいね。

2019年3月28日 更新

3. 厚切りベーコンと根菜のラタトゥイユ

レンコンやさつまいもを使って、コトコト煮込んでいくラタトゥイユです。具材を小さくカットしていくのに加えて、厚切りベーコン入れるのでパスタに和えたり、お肉やお魚の付け合わせにするのもgood!

4. かぼちゃのラタトゥイユ

かぼちゃメインのラタトゥイユは、ほくほく感たっぷり。あま味もあって食べ続けたくなるおいしさに仕上がりますよ。フレッシュトマトを使うので、まろやかな酸味が加わります。ハードパンの付け合わせなどにおすすめです。

5. 無水調理!ツナ缶でラタトゥイユ

水を使わず、お野菜のうま味で勝負するラタトゥイユです。ピーマン、パプリカ、ズッキーニなどの彩豊かな具材のバリエーションは、付け合わせだけにしておくのがもったいないひと皿に。冷やした白ワインとの相性もよさそうです。

食べるシーンで使い分けよう♪

夏野菜をギュツと詰め込んでおいしく食べるイメージの強いラタトゥイユは、アレンジレシピも無限大!トマトと相性のよい具材なら何でもOKなんです。おかずのひとつに加えるなら、その日の献立に合わせて、和風や洋風などと使い分けるのがよさそうですよね。

お酒のおつまみにするなら、たっぷり作って冷蔵庫で冷やしておきましょう。密閉容器に保存して、3日ほど日持ちしますから毎日の常備菜にもぴったりですよ!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう