香港に行ったら絶対食べたい!おすすめグルメ15選

日本でも香港人のソウルフードである飲茶や点心は人気のグルメ。香港へは日本からも直行便で4時間のフライト。比較的簡単に現地へ赴き、本場の香港グルメを味わうことができます。今回は、ぜひ香港旅行の参考にしてほしい香港グルメをご紹介します。

2019年3月25日 更新

【飲茶】香港のおすすめグルメ5選

1. 鮮蝦餃(シンハーガウ)

香港の定番飲茶のひとつ「鮮蝦餃(シンハーガウ)」ことエビ蒸し餃子。エビのプリプリと皮のモチっとした食感がクセになるひと品です。日本の中華料理屋さんでも用意されているので、食べたことがあるという人も多いのでは?

香港での有名店は、地下鉄駅「太子(Prince Edward Station)」からもほど近い、一點心(One DimSam)。おいしくてコスパのいいお店として人気です。

2. 焼売(シウマイ)

セイロの中の焼売(シウマイ)

Photo by Snapmart

日本人にもおなじみの中華料理「焼売(シウマイ)」。香港人のソウルフードと言われています。お肉やカニ、エビなどが入ってとってもジューシーな飲茶。先ほどもご紹介した「一點心(One DimSam)」や飲茶専門店の「點點心(Dim Dim Sum)」などではもちろん、町中の屋台でも味わうことができる気軽なメニューです。

3. 叉焼包(チャーシウバウ)

甘くてとろとろになった焼豚と、ほかほかの白いおまんじゅうの相性が抜群の飲茶。香港人も必ず頼む飲茶だそうですよ!おすすめのお店は、上環(ションワン)エリアにある「蓮香居(リンホンコイ)」。地元民に長く愛される老舗の飲茶専門店です。

4. 蘿蔔糕(ローバッゴウ)

蘿蔔糕(ルオボーガオ)は、大根のほのかな甘みがする、もちっとした食感のユニークな飲茶。日本では大根餅として知られています。香港では中華ソーセージが練りこまれていることもあります。香港以外にも台湾やマカオ、中国でも食べられる中華定番のメニューです。

旧正月にはお家で作るという人も多くいるそうで、蒸す以外には焼いて食べるバージョンも。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう