ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

1. ごま油が食欲そそる♪ 高菜とネギのチャーハン

高菜を使えばほどよい塩気で味付けいらず。しょうゆの塩気は豚バラと相性ぴったり。失敗なしのチャーハンを作ることができますよ♪ ごま油を使うことでコクを引き出し、ごはんをパラパラにすることができます。短時間で食事を作りたいときにもぴったりのレシピです。

2. 食べ応えしっかり!豚バラのスタミナチャーハン

これはもはやずるい領域のおいしさ……!味付けに焼肉のたれを使うチャーハンです。豚バラ肉をしっかり焼くので、旨味がごはんに染み込んでおいしさがアップ♪ トッピングの卵黄がマイルドにしてくれます。ガツンと食べ応えがあるのがうれしいですね。腹ペコのときに大満足です!

3. ほっとする味♪ 豚バラの卵チャーハン

和風のだしを使うことで、食べやすくほっとする味わいのチャーハンに仕上がります。卵のコクと豚バラ肉の旨味が加わり、シンプルな味付けでもしっかりとした食べ応えです。小松菜がたっぷり入っていて、野菜の甘みがアクセントに!野菜が苦手なお子さんもペロリと食べられそうです♪

4. とろとろボリューミー! 豚バラ白菜あんかけチャーハン

チャーハンにあんかけをプラスして、ボリュームをアップさせましょう! あんかけには豚バラ肉、白菜やにんじんなどの野菜がたっぷり。チャーハンによく絡み、食材のさまざまな食感が楽しいです。ごはんは卵チャーハンで、味も絡みやすくどんどん食べられそう♪ お腹いっぱいになりますよ。

5. ガツンと旨い! 豚バラのにんにくチャーハン

にんにくの香りが食欲をそそる肉味噌チャーハンです。おいしさの秘密は、春菊。独特の香りが味全体を引き締めて、豚バラ肉の旨味を引き立たせてくれます。味噌はみりんに溶かしておくと手早く味付けできますよ。ガーリックマーガリンを混ぜながら食べるおいしさがたまりません♪

6. 炊飯器で作る♪ 豚バラコーンライス

コーンの甘みと豚バラ肉の旨味をたっぷりとお米に染み込ませる、豚バラコーンライス。味付けは塩コショウでシンプルに♪ 食材の味を存分に楽しむことができますよ。炊飯器で調理できるので、洗い物が少なくて便利。翌日のアレンジには、スープやあんかけをプラスしてみてくださいね。

7. 洋風仕立て♪ たけのこのガーリックチャーハン

にんにくの風味をしっかりと効かせる、たけのこの洋風チャーハンです。しょうゆの塩気とたけのこのコク、豚の旨味がお米に絡んでおいしいですよ。見た目を綺麗に見せるコツは、豚バラ肉とたけのこの大きさをそろえてカットすること。ごはんによく絡むように、小さく切るといいですね。

8. ひと工夫でごはんがパラパラ。豚バラの中華風チャーハン

中華スープの素で手軽に作れるチャーハンのレシピです。ゴーヤは細かく刻みましょう。ほどよい苦味がアクセントになりますよ。豚バラ肉のカリカリ感も歯応えが楽しい!パラパラに仕上げるコツは、ごはんを卵と混ぜ合わせること。ひと工夫でおいしさをアップできるのはうれしいですね。

9. スパイシーな風味♪ カレー風味の豚バラキムチチャーハン

辛い物好きの方は必見!キムチとカレー粉でチャーハンをピリ辛仕立てにしましょう♪ 白菜のシャキシャキとした食感は歯応えがよく、野菜の甘みを感じられます。ごはん全体に豚バラ肉の旨味と野菜のおいしさが絡んでいて、絶妙なバランス。スパイシーな香りで絶品です。

10. 濃厚な味わい♪ 温泉卵のせ豚キムチチャーハン

キムチチャーハンに温泉卵をトッピングする、贅沢気分を味わえるチャーハンです。豚キムチのピリ辛な旨味と、卵黄のマイルドなコクは相性バッチリ!ごはんをごま油で香ばしく炒めて、最後に小口ネギを散らすと風味がアップ!ひと口食べるとがっつりとした味わいが広がります。

旨味たっぷり!豚バラチャーハンのバリエーションは無限大!

チャーハンの味付けっていつも同じものになりがちですよね。この記事では和風のものからガツンとにんにくを効かせるものまでいろいろな味付けをご紹介しました。

豚バラを使ったチャーハンは旨味もたっぷりなので、ほかの野菜とも相性がバツグン♪ いろいろな食材と合わせられる万能食材ですね。

編集部のおすすめ