たった10分で本場の味。無印良品「バクテー」の完成度にツウも納得

今大注目のマレーシア料理「バクテー」。専門店が次々にオープンし、バクテーをテーマにした映画も公開されるなど、ブームの兆しを見せています。とはいえ、まだなじみが薄いバクテーが無印良品で味わえると聞き、東南アジア好きの筆者がお伝えします!

2019年3月18日 更新

マレーシアグルメ「バクテー」がトレンドの予感♪

器に入ったバクテー

Photo by muccinpurin

今もっともアツい東南アジアグルメといえば、マレーシアの「バクテー」。日本で言うところのみそ汁のような感覚で、古くから親しまれる煮込み料理です。最近では、日本で専門店がオープンしたり、バクテーをテーマにした映画が公開されるなど、ブレイク間近なんですよ。

そんなバクテーが、なんと無印良品の注目ジャンル ”冷凍食品" で味わえるとの情報を入手!

マレーシア渡航回数2桁を数える東南アジアトラベラーの筆者が、本場の味と比べつつ実食レポートします。

そもそも「バクテー」って?

中国系の華人が愛する味

バクテー

Photo by muccinpurin

バクテーはマレーシアの国民食とお伝えしましたが、正確にはマレーシアに住む中国系・華人が愛する食べ物。マレーシアの国教であるイスラム教では、豚肉を禁忌としているのでバクテーを食べられません。

もともと、マレーシアがイギリスの植民地だったころ、中国本土から多くの中国人が労働者として渡った際に伝わったのが始まりと言われています。過酷な労働に耐えられるよう、スタミナたっぷりの豚をたくさんの漢方で煮込んで作られました。

現在も、国民の約3割を占める華人のおふくろの味として愛され続けています。

「シンガポールバクテー」と「マレーシアバクテー」の違い

シンガポールに旅行したことがある方なら「バクテーはシンガポールにもあった!」とお気づきですね。

シンガポールバクテーは、白濁したスープに強烈な黒こしょうの風味が特徴。皮ごと加えたニンニクと黒こしょうが香るパンチが効いた味わいです。

一方で、マレーシアバクテーは、八角やシナモンをはじめとした数種のスパイスに、中国醤油や砂糖を加えた茶色いスープで少し甘みがあるのが特徴。ちょっぴり薬膳のような味がしますが、これがまたやみつきになる味わいです。

無印良品のバクテーはマレーシア風

バクテーのパッケージ

Photo by muccinpurin

「バクテー(マレーシア風豚肉の煮込み)」390円(税込)

さて、前置きが長くなりましたが無印良品のバクテーに話を戻しましょう。

先に説明した通り、無印のバクテーはスープが茶色いマレーシアスタイル。真空パックの冷凍で販売されていて、パッケージの外からもごろっとした肉が確認できます。
バクテーの原材料表示

Photo by muccinpurin

生姜やニンニクとともに、甘みが特徴の中国醤油や黒糖で旨みとコクをプラスしているようです。

凍ったままの状態で沸騰した湯に入れ、10~12分温めます。レトルトにしては温め時間が少々長く感じますが、バクテーを1から作ることを考えると朝飯前です。しっかりと温めておいしい状態でいただきましょう!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS