甘さナンバーワンは⁉「新玉ねぎのおいしい食べ方」決定版

新玉ねぎのシーズンがやって来ました!甘くてやわらかい新玉ねぎはとても人気があります。そこで今回はどんな調理法をすれば、より甘くおいしく食べられるかをご紹介します。調理方法は全部で6通り!実験レポ形式でお送りします。ぜひ参考にしてくださいね。

2019年3月25日 更新

春野菜のシーズン到来!

木の皿に盛られた新玉ねぎ

Photo by akiharahetta

春が近づきぞくぞくと春野菜が店頭に並び始めました。新玉ねぎは、3~4月に出荷される早どり玉ねぎです。旬が短いので期間中にできるだけおいしく食べたいですよね。

今回は、新玉ねぎの甘みを引き出す、一番おいしい調理法を探します。

6つの調理方法でチャレンジ

木の皿に盛られた新玉ねぎ

Photo by akiharahetta

「フライパン」「トースター」「オーブン」「レンジ」「蒸し器」「炊飯器」の合計6つの調理方法を試します。果たして一番甘くおいしくできあがるのはどれでしょうか?

ぜひ、楽しんでご覧くださいね!

それでは調理スタート!

下準備をします

アルミホイルに包まれた玉ねぎ

Photo by akiharahetta

それでは準備していきましょう。皮をむいて根を落とし、アルミホイルが必要な分は包みます。新玉ねぎは皮を外すと真っ白でとても綺麗ですよね。

水分が多く傷みやすいので、買ってきたら野菜庫に保存し、なるべく早めに食べるようにしましょう。

1. フライパンで焼きます

玉ねぎの輪切りをのせた青い皿

Photo by akiharahetta

まずはフライパンから試してみます。フライパンに適した調理法にするため、輪切りにして焼きましょう。甘さを引き出すために火加減を弱めじっくり火を通します。

糖度が高いのできれいなきつね色に焼きあがりました。玉ねぎ特有の辛みやクセが少なく、甘くてジューシーなおいしさです。子供も喜んでパクパク食べられる甘さですよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう