うどんを超えるかも…。香川県の名物、オリーブが心惹かれるおいしさ

香川県といえば、うどんが有名。ですが、最近では特にオリーブが大人気!果実やオリーブオイルとして食べるだけでなく、オリーブを食べて育った牛や豚も注目を浴びています。温暖な香川だからこそ生まれた、新鮮で優しい味わいのオリーブ。一度口にしたら、ファンになってしまうはず……!

2019年3月21日 更新

香川県の“美味”を一度に味わえる

讃岐フレンチ L’atelier le. Mas

Photo by macaroni

香川県には、知られていないけれど、おいしい食材がいっぱい。山や海の幸だけではなく、瀬戸内の温暖な気候で育った野菜も、地元では大人気です。

その野菜をたっぷりと食べられるのは、「讃岐フレンチ L’atelier le. Mas(ラトリエ・ル・マ)」。香川県認定レストラン「さぬきダイニング」の認定店であるこちらのお店は、“香川の食のショールーム”をコンセプトに、県産食材を使用した創作フレンチをいただけます。
L’atelier le. Masのランチコース

Photo by macaroni

オードブルからデザートまで、香川県の食材がふんだんに使われたランチコース。特に、かぶのスープにそっとかけられたオリーブオイルのおいしさに感動!かぶの甘みとフレッシュでやわらかな口当たりのオリーブオイルが溶け入り、ひとつの芸術作品をいただいているようでした。

高級魚として知られる舌平目は瀬戸内で獲れたもの。舌平目と小エビのルーレは、ぷりっぷりで心地よい弾力があり、アンチョビクリームソースとの相性もばっちり。華を添える香川県の野菜も、甘みを感じられます。

オーナーシェフの磯野さんの手にかけられた料理は、おなかだけではなく、心も満たされますよ。
■店舗名:讃岐フレンチ L’atelier le. Mas(ラトリエ・ル・マ)
■住所:香川県丸亀市三条町526-7
■電話番号:0877-85-9803
■営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O. 13:30)/ ディナー 18:00~21:30(L.O. 20:00)
■定休日:毎週月曜日
■公式WEBサイト:
http://www.le-mas.jp/

太陽の光をたっぷり浴びた、三豊オリーブ

オリーブ畑

Photo by 三豊オリーブ

香川県三豊市産のオリーブだけを使い、商品を開発しているのが「三豊オリーブ」。9年の歳月をかけ、大切に育てたオリーブを自社で絞ってオリーブオイルにしています。

瀬戸内海に面した三豊市は、日照時間が全国トップクラスを誇る“太陽の町”。あたたかな光をいっぱいに浴びて、ぷっくりとした果実が実ります。
オリーブを摘む様子

Photo by 三豊オリーブ

たわわに実ったオリーブを収穫するのも一苦労。オリーブの実はほんの小さな傷からでも酸化してしまい、品質を低下させてしまうのです。

だから、ひとつひとつ丁寧に手で摘みあげ、オリーブオイルにする実の選別も手作業で行なっています。オリーブを収穫するのに、こんなにも手間ひまをかけているとはびっくりです。
オリーブ搾取機

Photo by macaroni

収穫された果実は、新鮮なうちにオイルを絞ります。

こちらが、普段は見られないオリーブオイルを絞り出す機械。果実の実だけを混ぜ合わせ、遠心分離機で油と水分を分けます。その後は2〜3日かけ、ろ紙を使って自然ろ過します。
オリーブオイルとオリーブ醤油

Photo by macaroni

400kgのオリーブから、わずか18リットルしか採れないという希少なオリーブオイル。
フルーティーで甘みがあるルッカ種は、バナナを思わせるような風味で、日本人らしい繊細な味わいの料理にぴったり。

いちおしは温かいお味噌汁に入れること。ふわっと香りが立ち、お味噌の塩味をまあるくまとめてくれます♪
「あかつきしょう油」は、オリーブを絞ったかすを使って作られた新商品。果実の旨みがぎゅっと濃縮されていて、コク深い味わいになっています。

おぼろ豆腐にオリーブオイルとオリーブしょう油をひと垂らしするだけで、立派なごちそうに早変わりですよ!

空と海がひとつに。絶景を堪能できる父母ヶ浜

父母ヶ浜

Photo by macaroni

三豊市に来たら、ぜひ立ち寄りたいのが父母ヶ浜(ちちぶがはま)。瀬戸内海を一望できるこちらは、日本のウユニ塩湖としても有名で、多くの観光客が訪れるインスタ映えスポットです。

穏やかな海と潮溜まりに映り込む夕日が美しく、時間を忘れて見とれてしまいます。
父母ヶ浜

Photo by macaroni

雲の隙間から夕日がのぞき、まるでダイヤモンドのように夕陽がきらめきます。この美しさが評価され「日本の夕陽百選」にも選ばれているそう。

この日は平日にも関わらず、多くの人が父母ヶ浜の美しさを堪能していました。ぜひ、カメラを持って行きたい絶景スポットですよ。
■店舗名:父母ヶ浜
■住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3

“香川の旬”を食べて元気に、「中国料理 北京」

オリーブ牛を持った中井和人シェフ

Photo by macaroni

中国料理 北京の中井和人シェフ

「うどんだけじゃない、香川県」という言葉を見聞きしたことはありませんか?実際に、香川県にはうどん屋さんがいっぱい!コシがあり、つるつるとしたうどんといりこ出汁が特長の讃岐うどんは必ず食べたいひと品ですが、それ以外にもおいしいものがたくさんあるんです。

それが、香川県の食材を惜しみなく取り入れた中国料理を味わえる「中国料理 北京」。“中華”のイメージを覆されるような、滋味深い料理を食べられます。
中国料理北京の料理

Photo by macaroni

左上:オリーブ牛となばなの炒め
左下:オリーブ牛スジの辛み煮込み刀削麺 県産パクチー添え
右上:県産モエビ(脚赤エビ)のチリソース煮込み
右下:元宵(ユェンシャオ)

この日にいただいたのは、オリーブ牛・豚・鶏を使ったフルコース。中国料理というと、油っぽいイメージを持つかもしれませんが、「中国料理 北京」では、素材の旨みや食感をしっかりと感じられるように調理しているから、最後まで飽きることなくおいしくいただけます。

また、素材本来の旨みを届けられるように地産地消を推進しているこちらのお店。全国で一番面積が小さい香川県だからこそ、朝採ったばかりの野菜たちを新鮮なままディナーで食べられるそうですよ。
オリーブ豚のスペアリブ 釜焼き北京風

Photo by macaroni

オリーブ豚のスペアリブ 釜焼き北京風

中でもいちおしはオリーブ豚を使ったスペアリブ。甘辛い味をつけてこんがりと窯焼きされたスペアリブを、かぶりついていただきます。

ほろほろと身離れが良いお肉はもちろん、ほどよく甘みを感じる脂のおいしいこと!オリーブをエサにして育っている豚だからこそ、お肉自体もくどさがなく、パクパクと食べ進められます♪

お花の形に美しくカービングされているのは、香川県産の野菜たち。お皿に華やかさをプラスしてくれています。

愛情が詰まった、香川県産オリーブ

オリーブの塩漬けと葉

Photo by 香川県

塩漬けした果実を食べたり、オリーブオイルとして活用したりするイメージを持たれがちな「オリーブ」。家畜のえさや醤油、ビネガーにも使われているなんて知りませんでした。

しかもその味は格別!商品が完成するまでに手間暇をかけているため、けして安価ではありません。でも、一度口にして香りや旨みを味わったら、忘れられなくなるおいしさ。丁寧に作られているから、どこか温かみを感じられますよ。
オリーブの木

Photo by 香川県

日に日に春めいて、過ごしやすくなってきました。香川県では、太陽をたっぷりと浴びて、オリーブの木が目を覚まします。

4月26日(金)からは瀬戸内国際芸術祭もスタートし、さらに県全体が賑わいます。この機会に香川県へ足を運び、うどんだけじゃなくオリーブも一緒に堪能してみては?
(文・写真:伊集理予)

特集

SPECIAL CONTENTS