いちごやしょうがの味?飲みやすくて写真映えするマルガリータに注目

「マルガリータ」ってどんなイメージでしょう?おしゃれな雰囲気のバーで出てくる、ちょっぴり敷居が高いイメージってありますよね。ところが、実際マルガリータのイベントに参加してみたら、想像よりずっとカジュアルで、女性にも飲みやすいおすすめカクテルだったんです。

2019年3月5日 更新

マルガリータのづくしのイベントに潜入!

マルガリータ写真が映し出されたスクリーン

Photo by macaroni

テキーラを使った人気のカクテル、マルガリータ。毎年2月22日は「マルガリータの日」として世界中でマルガリータを楽しむイベントが開催されているんです。

日本でも、マルガリータ好きが集まってサル―(スペイン語で乾杯の意)するという、明るく陽気なイベントが開催されました。

ラテンのリズムとともに盛り上がりを見せた「マルガリータの日 Celebratoion Party」に潜入!まだマルガリータの魅力を知らないという方のために、そのおいしさをたっぷりとお伝えします!

会場はラテンの熱気でノリノリ♪

麦わら帽をかぶったバーテンダー

Photo by macaroni

会場には、全国から集まったマルガリータ自慢のバーが勢ぞろい。メキシコをイメージさせるハットをかぶり、流れるラテンのリズムにのって陽気に接客してくれます。

ウエルカムドリンクももちろんマルガリータ。気分は一気にメキシコにトリップします!
ずらりと並んだテキーラのビン

Photo by macaroni

会場内には、マルガリータのベースとなるテキーラのボトルがずらり。カラフルな色合いのボトルデザインは、見ているだけで楽しくなってきます♪

あっちもテキーラ、こっちもテキーラで圧倒されていると「熟成度によって味わいが全然違うんですよ」とバーテンダーさん。なるほど、同じように見えて全然違うんですね、お味が気になります。さっそく試飲させてもらいました。

趣向を凝らしたマルガリータが勢ぞろい♪

黄色いお酒が入ったボトルとカップに入ったマルガリータ

Photo by macaroni

会場内では「Margarita of the Year2019」も開催されていて、トップバーテンダーがナンバーワンを目指して考案した、スペシャルなマルガリータがずらり。

ジンジャーシロップとしょうがのしぼり汁を合わせた「ALMARITA」は、ピリッとしたしょうがの辛味とキレが絶妙。オレンジとライムのほろ苦い香りといいハーモニーを奏でます。
ピンクのテキーラとカクテル

Photo by macaroni

ピンクがキュートな「HARU(春)ガリータ」は、フレッシュないちごと桜リキュールに、白あんを合わせたデザートタイプ。

「カクテルに白あん!? 」と一瞬驚きましたが、飲んでみるとこれがまたしっくりくるから不思議です。白あん特有のとろっとした食感と桜の香りで、ついつい飲みすぎてしまいます。ピンク色で写真映えもよく、女性受けもよさそうです♪

フルーティーな味わいとはうらはらに、アルコール度数40度のテキーラを使っているので、飲みすぎには注意ですね。

プロに教わってバーテンダーを体験!

カクテル体験

Photo by macaroni

体験ブースでは、実際にマルガリータ作りに挑戦しました。

好みのテキーラとコアントロー(オレンジのお酒)、ライムジュースを計ったら、手の甲にちょんとのせ、「うんうん」とうなずいてプロっぽくキメます。
シェイカーの振り方を教わる

Photo by macaroni

シェイカーの振り方は、角度があるんだそうです。手取り足取り、プロのバーテンダーさんが教えてくれます。

斜め上を向いて、シャカシャカシャカシャカ……。氷を入れて高速でシェイクすることで、「混ぜる」「冷やす」「お酒の角を取ってまろやかな口当たりに仕上げる」という効果を狙っています。

気持ちを込めてシェイクをするからこそ、冷たくておいしいカクテルができあがるんですね。
マルガリータを飲む

Photo by macaroni

普段触る機会のないバーツールに触れたり、シェイクしたりとても新鮮な体験です。

自分で作ったマルガリータは、いつもよりおいしい気がする……♪

マルガリータでサルー♪

山盛りのライム

Photo by macaroni

2018年の「マルガリータの日」制定をきっかけに、改めて注目を集めているテキーラとマルガリータ。

そのキレのある味わいと、すっきりとした後味は、これからもお酒好きを虜にし続けるでしょう。今後もマルガリータから目が離せませんね、サル―!
(文:横田睦美、撮影:小久保直宣、編集:伊集理予)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう