ひと匙で料理が激変!自家製「シビ辛の素」のレシピ

2018年に登場した「シビ辛グルメ」もすっかり定着し、その中毒性のある辛さで着々とシビ辛ファンを増やしています。山椒や花椒だけでは満足できないシビ辛党必見、ひと匙でしびれる「シビ辛の素」の作り方をご紹介します。

2020年1月15日 更新

ひと匙で悶絶!シビ辛調味料って?

シビ辛もただのブームではなく、そのジリジリと押し寄せるしびれるような辛さで、着実にファンを増やしています。

シビ辛の特徴は、中毒性があること。シビ辛鍋やシビ辛麻婆豆腐がいつでも食べられれば、辛党にとってこんなうれしいことはありませんよね。

今回ご紹介するのは、唐辛子のホットな辛さと花椒・山椒のビリビリした刺激を合わせた「シビ辛の素」。どんな料理もひと匙で刺激的な辛さに変身する、魅惑の調味料を作っていきましょう。

「シビ辛の素」の作り方

シビ辛の素の材料

Photo by muccinpurin

材料(作りやすい分量)

・ごま油……180cc
・にんにく……30g
・しょうが……30g
・長ねぎ……30g
☆一味唐辛子……15g
☆花椒……小さじ1杯
☆山椒……小さじ1/2杯
★しょうゆ……1.5杯
★砂糖……大さじ1.5杯
★塩……小さじ1/2杯

※サラッとした風味が好きな方は、お好みでサラダ油やなたね油とブレンドして使ってください。

下準備

みじん切りにしたにんにくとしょうが

Photo by muccinpurin

芯を取り除いたにんにく

Photo by muccinpurin

■長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにしておきます。にんにくは半割にして芯を取り除いてから刻んでください。この部分が焦げやすく、苦みの原因になります。
粉末状の花椒

Photo by muccinpurin

■粒の花椒を使うときは、すり鉢で粉末状に潰しておきます。
■しょうゆ、砂糖、塩を混ぜてレンジにかけ、砂糖を溶かしておきます。
一味唐辛子と山椒の瓶 ホールの花椒

Photo by muccinpurin

山椒は粉末タイプを、一味唐辛子はボトル入りのものを使用しています。この一本で15gなのでまるまる使いました。

作り方

1. 冷たい油に刻んだ野菜を入れて火にかけます

油に香味野菜を加える

Photo by muccnpurin

鍋に油を入れ、刻んだ野菜を入れます。

野菜を入れてから弱火にかけ、じっくりと火を入れていきます。熱した油に野菜を入れると一瞬で黒焦げになってしまいます。冷たい油に入れることが最大のポイントです!
油で香味野菜を揚げる

Photo by muccnpurin

野菜に薄く色が付き、辺りにごま油と香味野菜のいい香りが漂ってくるので、換気扇は強め推奨。

火加減は終始弱火でじっくり火を入れますが、濃い色になる瞬間は一瞬です。見逃さないでくださいね。
こんがりと色づいた香味野菜

Photo by muccnpurin

野菜が薄いきつね色になったら、いったん火からおろします。

ぬれ布巾の上に置き、温度の上昇をストップさせてください。

2. スパイスを入れて再び火にかけます

鍋に唐辛子を加える

Photo by muccnpurin

☆のスパイスを入れ、再び弱火にかけます。全体にブクブクしてきたら火からおろし、ぬれ布巾の上に置いて温度の上昇をストップさせてください。熱々のまま調味料を入れるとはねるので、ふきんから蒸気が出なくなる程度まで冷まします。

★の調味料を入れ、全体をよく混ぜ合わせたら完成です。砂糖は油に溶けにくいので、あらかじめしょうゆに溶かしておくのがポイントです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう