たくさん作った鮎甘露煮は日持ちする♪

一部の地域を除いてほとんどの河川で、6月になると鮎漁が解禁され、多くの太公望が友釣りに集まる風景は、毎年恒例の夏の風物詩として有名ですね。7月が最盛期で、ほどよいサイズになった若鮎は、骨もやわらかく一番おいしい時期でもあります。 天然や養殖物が多く出回り、購入したり人からもらったりすることも多いはず。そんなときこそ鮎の甘露煮を作ってみてください。しっかりと煮込んだ甘露煮は、密閉容器に入れて1週間ほど冷蔵保存できるので、きっと重宝しますよ。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS