親子で学んで楽しく料理♪ 【macaroni×東京ガス】防災料理教室をレポート

2019年2月23日(土)、銀座にある東京ガスのキッチンスタジオにて【macaroni×東京ガス】の親子料理教室が行われました。2回目のコラボとなる料理教室、今回のテーマは「防災レシピ」。"もしも"のときに備えて親子で考え、楽しく作る料理教室の様子をレポートします♪

2019年3月13日 更新

日頃の備えでいざという時も安心♪

クマのぬいぐるみと皿に盛られた料理

Photo by macaroni

災害時には、いつもと違う環境で、心もからだも弱ってしまうもの。そんなときに温かいごはんを食べれば、ほっと落ち着くんです。"もしも"は起こってほしくないけれど、"もしものごはん"を覚えていて損はありません。

今回の料理教室を通じて、ママと子どもたち、それぞれの目線で防災レシピについて考えられたようでした。みなさんも備蓄食材を見直し、日々のごはんに少しずつ生かしてみてくださいね。

災害時の調理法や日ごろからできる備えを紹介する、東京ガスの防災レシピ「日々のごはんともしものごはん」は、東京ガスのホームページから無料でダウンロードできます。

「お湯ポチャ調理」とは?

【お湯ポチャ調理のいいところ】

●簡単・節水・衛生的
●鍋が汚れない
●温かいものが食べられる
●何回でも水が使える
●個別調理(アレルギー対応など)が可能
●1つの鍋でご飯・おかゆ・おかずなど、同時に調理可能
●調理後の配布が容易

【お湯ポチャ調理のコツ】

●食材は熱さが均一になるように平らに入れる
●空気を抜く(加熱すると膨張するため)
●できるだけ袋の口に近い場所で結ぶ(加熱すると膨張するため)
●水の量は鍋の約3分の1にする

【お湯ポチャ調理の注意点】

●耐熱性で厚手の高密度ポリエチレン製の袋(厚さ0.025mm以上のものか、湯せん調理可のもの)を使用する
●鍋底や鍋肌の熱で袋に穴が開かないよう、皿やザルを敷く
●たくさん作るときは、1袋に入れる量を増やさず、袋の数を増やす

一緒に食のイベントに参加しませんか?

「マカロニメイト」に登録すれば、さまざまな食のイベントに参加できます。おいしいものや新しいことへのアンテナを、一緒に広げていきましょう♪

あなたも料理教室に参加してみませんか?

「東京ガス」では定期的に料理教室を開催中です♪ 詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。
(文・横田睦美、写真・田上大輝)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう