ひなまつりに♪ 牛乳パックで簡単「型なしちらし寿司」の作り方

もうすぐ3月3日は「ひなまつり」。そこで今回は、ちらし寿司をワンランクアップする簡単テクニックをご紹介します。牛乳パックを活用した「型なしちらし寿司」で食卓を華やかに飾りましょう!丁寧な手順をお伝えしますので、ぜひお子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

2019年2月27日 更新

お祝いごとにぴったり!ひなまつりのひし形ちらし寿司

こちらも同じく牛乳パックを使ったひし形ちらし寿司です。菜の花・えび・飾り切りれんこんで、ベーシックながら華やかさもあるデコレーション。

デザートのひなまつりカラーも春らしさ満開です。かご盛りや桃の花など、お祝いコーディネートの参考になるポイントがいっぱいですよ!

重ねてかわいく♪ ひなまつりご飯ケーキ

トップに、卵・かにかまを重ねたら、シンプルながらボリュームのあるひし形ちらし寿司になりました。高さもしっかり出ていて、まるで本物のケーキのよう。

簡単に彩りをアップするテクニック、参考にしたいですよね。お子様から年配の方まで、年代を問わず好まれるお寿司ですよ。

2. ケーキ型のちらし寿司

直方体パウンドケーキ型

牛乳パックで作った直方体の型

Photo by akiharahetta

続いてケーキ型のご紹介です。まずは直方体。パウンドケーキの型というと分かりやすいですよね。高さを出せば、本格的なケーキのようになりますよ。

こちらも牛乳パックをそのまま使って作ります。切り開かないでくださいね。

直方体パウンドケーキ型の作り方

牛乳パックで直方体の型を作っているところ

Photo by akiharahetta

1. 牛乳パックを横にして、一面だけを切り抜きます。カッターなどを使って切り取ってくださいね。
牛乳パックで直方体の型を作っているところ

Photo by akiharahetta

2. 開封口の部分は、折りたたんでセロハンテープなどでとめましょう。この型は内側にパックの折り込みがあるので、そのままご飯を詰めると、米粒が挟まってしまいます。

ラップなどを中に敷くとスムーズに作業できますよ。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう