ひなまつりに♪ 牛乳パックで簡単「型なしちらし寿司」の作り方

もうすぐ3月3日は「ひなまつり」。そこで今回は、ちらし寿司をワンランクアップする簡単テクニックをご紹介します。牛乳パックを活用した「型なしちらし寿司」で食卓を華やかに飾りましょう!丁寧な手順をお伝えしますので、ぜひお子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

2019年2月27日 更新

牛乳パックが大活躍!

牛乳パックを活用して作ったさまざまな型

Photo by akiharahetta

今回ご紹介するのは、牛乳パックで作る「型なしちらし寿司」です。ひなまつりメニューの主役とも言えるちらし寿司をきれいに飾り付けるためにとても役に立ちますよ。

特別な道具は必要ありません。牛乳パックがあれば、だれでも簡単に華やかなちらし寿司が作れます。

1. ひし形のちらし寿司

牛乳パックでひし形ちらし寿司の型を作ったところ

Photo by akiharahetta

ひなまつりの象徴的な形「ひし形」。女の子の健やかな成長を喜び祝う行事に欠かせません。実はこの型が一番簡単に作れます。

牛乳パックをそのまま使います。切り開いたりしておく必要はありませんよ。よく洗って水を切っておいてくださいね。

ひし形の作り方

牛乳パックを潰したところ

Photo by akiharahetta

1. 開封口をこんな感じにつぶして平らにします。もし数が必要ならば、底の部分を切り開き、箱をたたむ要領で全体を平らにしてください。
牛乳パックをカットしているところ

Photo by akiharahetta

2. 必要な高さでカットしたら完成です。角をつまんでホッチキス止めすると、サイズを小さく調整できますよ。

この要領で大・中・小作っておけば、豪華な3段寿司になって、見た目が華やかなちらし寿司が作れます。

ひし形ちらし寿司のレシピ

牛乳パックで簡単ひし形!彩り鮮やか三色ちらし寿司

三色のひし形ちらし寿司とひな祭りデコレーション

Photo by macaroni

ひし餅カラーがとってもかわいいちらし寿司です。ピンクは桜でんぶ、白はツナマヨ、緑はアボカドの混ぜご飯になっています。どれも子供の好きな食材ばかりなので、気に入ってもらえること間違いなし。

卵やかまぼこ・サーモンでデコレーションしたら、一気に食卓が華やぎます。飾り切りなどもぜひ参考にしてみてくださいね。

お祝いごとにぴったり!ひなまつりのひし形ちらし寿司

こちらも同じく牛乳パックを使ったひし形ちらし寿司です。菜の花・えび・飾り切りれんこんで、ベーシックながら華やかさもあるデコレーション。

デザートのひなまつりカラーも春らしさ満開です。かご盛りや桃の花など、お祝いコーディネートの参考になるポイントがいっぱいですよ!

重ねてかわいく♪ ひなまつりご飯ケーキ

トップに、卵・かにかまを重ねたら、シンプルながらボリュームのあるひし形ちらし寿司になりました。高さもしっかり出ていて、まるで本物のケーキのよう。

簡単に彩りをアップするテクニック、参考にしたいですよね。お子様から年配の方まで、年代を問わず好まれるお寿司ですよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう