新宿「メトロポリタングリル」で極上熟成肉と最高のサービスを堪能するべし

新宿にある有名高級ホテルヒルトン東京にオープンした「メトロポリタングリル」。ここでは世界中から厳選された肉と魚介を大型のグリルカウンターで焼き上げ、食と空間さえも楽しめるとか。極上熟成肉と最高のサービスを堪能できるそうです♪

ヒルトン東京の「メトロポリタングリル」

ヒルトン東京の新レストランフロア”TSUNOHAZU”にオープンした「メトロポリタングリル」。ここでは、世界中から厳選された肉と魚介を大型のグリルカウンターでダイナミックに調理してくれそうです。エンターテインメントのような活気溢れた空間と食を楽しめるグリルレストラン。
大量の熟成肉がディスプレイされています。約40日、じっくり寝かせてあるそうです。

店内の巨大グリル!

店内には直径1.8メートルの大型グリルカウンターが設置され、備長炭や桜の薪を使って食材を豪快に焼き上げます。
フランス・ペリゴール産チキンやオーストラリア産熟成ラムラック。穀物で育てられたオーストラリアン・ブラックアンガスは熟成庫でじっくりと肉の旨味を深められて。さらにノルウェー産のアトランティックサーモンとカナダ産のロブスター……。それらをストレートに味わっていただくため、ここでは薪の炎で焼き上げるというシンプルな料理法が採用されています。

出典: tsunohazu-hilton.jp

上品なプライベートルーム

店内には、12人まで利用できるプライベートルームもあります。ひとつひとつの食器やインテリアまでもが上品で、特別な空間を演出してくれそうです。
プラチナ加工のベルナルド社エキュムのショープレートがテーブル上で、この特別な空間を訪れるゲストをもてなすために輝きます。

出典: tsunohazu-hilton.jp

赤身が美しいた熟成肉

ヒマラヤ岩塩のキャビネットで熟成させたエイジングビーフは赤身が美しく、熟成肉ならではの軟らかさと濃厚な味わい、そして岩塩による適度な塩気のバランスが絶妙だとか!
中でも特におすすめなのが、「オーストラリア産の穀物飼育ブラックアンガスサーロイン250gエイジング」だそうです。穀物での飼育によって適度に脂が乗ったオーストラリア産ブラックアンガスビーフの旨みは肉の常識を覆すほどだそうです。

自家製パンもおいしい♪

自家製天然酵母のパンは、バジル、チーズ、ドライトマトの3種類が一つのパンになって出てくるそうです。おかわり自由なのが嬉しいですね。熱々の自家製焼き立てパンはおいし過ぎてこれだけでも満足できてしまうクオリティだそう。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS