日本初のバクテー(肉骨茶)専門店!「新加坡肉骨茶」が中目黒にオープン

日本初となるシンガポールのローカルフード「肉骨茶(バクテー)」の専門店「新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)」が東京・中目黒にオープン。シンガポール料理をはじめ、滋養たっぷりの料理「バクテー」を飲んだ後のシメとしても楽しめる新感覚のお店です♪

2019年3月1日 更新

シンガポールの料理を楽しめる♪ 『BISTRO NYONYA by 新加坡肉骨茶』

シンガポールの本格肉骨茶(バクテー)を提供する、ビストロ『BISTRO NYONYA by 新加坡肉骨茶(ビストロ ニョニャ バイ シンガポールバクテー)』が2019年2月19日(火)より中目黒に誕生。

「肉骨茶(バクテー)」とは?

シメバクテー

シメバクテー

肉骨茶(バクテー)とは、骨付き豚肉を様々な香辛料や漢方、そしてたっぷりのにんにくとともに煮込んでコショウを効かせた、シンガポールを代表するローカルフード。

豚肉と漢方などのエキスで滋養たっぷりの料理です。元々、シンガポールやマレーシアで働く中国人の肉体労働者の中で食べられたのが始まりで、肉体労働をする人々の栄養補給として、広く食べられるようになったのだとか。

働く人たちの力になってきたバクテーは、シンガポールでは日本でいうラーメンの様なスタミナ食。お昼ごはんや、お酒を飲んだ後のシメにも人気だそうです。

飲んだ後のシメバクテーがおすすめ!カウンター席も

3号店『BISTRO NYONYA by 新加坡肉骨茶』は、テーブルでゆっくりとコースを楽しむだけでなく、カウンターで気軽につまんで飲めるバルのようなお店。飲んだあとのシメといして食べる、シメバクテーもおすすめ。

他にも、お店こだわりの料理がお目見え。いち部のメニューをご紹介します。

メニュー
・たっぷり野菜のポピア~自家製ブアクルアソースとともに~ /980円
・マグロのタルタルカラスミがけ サクラッチップコールドスモーク /1,200円
・ナシゴレンアランチーニ(4個) /880円
・ソフトシェルチリクラブ /1,800円
・シャンパンリブポーク /1,800円
・バクテー /880円 など
シメバクテーとは、いったいどのような味わいなのでしょうか?飲んだ後のシメに、ぜひお店に足を運んでみてはいかがでしょうか?

店舗概要

BISTRO NYONYA by 新加坡肉骨茶」

オープン日: 2019年2月19日
住所: 東京都目黒区中目黒3-6-2
最寄り駅:「中目黒駅」徒歩7分
営業時間:
月〜金:18:00~23:00(LO22:30)
土曜のみ肉骨茶専門店営業:11:30-20:00
日曜休み

特集

FEATURE CONTENTS