カルディに春がきた!パンダのミルクプリンに新作さくら味が登場♪

パッケージのインパクトもさることながら、毎回高い完成度を見せるカルディのオリジナルパック入りスイーツ。そんな人気のシリーズがから、「さくらミルクプリン」が新登場しました。寒さに耐えながら春を待ちわびる私たちを、ほっこりと温めてくれそうです。

2019年2月16日 更新

パンダシリーズに春が来た♪

さくらミルクプリンとパッケージ

Photo by muccinpurin

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の足音が聞こえて来る今日この頃。カルディの人気シリーズから「さくらミルクプリン」が登場しました。

桜といえば日本人だけでなく、世界中から愛される春を代表する花。そんな桜を使ったミルクプリンを、春に思いを馳せながら食べてみました♪

春を感じるパッケージに萌え…♪

さくらミルクプリン

Photo by muccinpurin

「さくらミルクプリン」440円(税込)

「クリームチーズプリン」や「杏仁豆腐」など幾多のヒット商品を生んできた、カルディオリジナルのパック入りデザートシリーズ。

パンダやシロクマをモチーフにしたかわいらしいパッケージで、思わずパケ買いする方も多いアイテムですよね。

春も近づく2月に新発売になった「さくらミルクプリン」は、日本人の心・桜をモチーフにしたプリン。パンダが大切そうに桜を抱えたパッケージから、すでに癒されます……♪

開け方のポイントは「ゆっくりとやさしく」

さくらミルクプリンを容器から出す

Photo by muccinpurin

食べたことがある方ならすでにお分かりかと思いますが、ここで改めて食べ方をおさらいしましょう。

常温で販売されているので、取り出す前にしっかりと冷やしておきましょう。冷やしたパックの両耳を立て、点線に沿ってはさみで切ります。こうすると、上面が大きく開くので、ここからプリンを器に出します。

パックの口を大きく開いて、器に向けてパックを傾けます。
さくらミルクプリンを容器から出す

Photo by muccinpurin

しばらくすると、プリンが顔を出します。さくら味なので、やさしいピンク色♪ 牛乳や豆乳で見慣れているので、パックから固形物が出てくるのは新鮮ですね。

気を緩めると形が崩れてしまうので、パックから出すことに集中しましょう。
さくらミルクプリンを容器から出す

Photo by muccinpurin

あと少し、あと少し……。パンダの冷ややかな視線が気になりますが、惑わされてはいけません。

ここまで来たら、ゆっくりとパックを後ろに引きます。
容器から取り出したさくらミルクプリン

Photo by muccinpurin

にゅるんっ!

豆腐二丁分はあろうかという、大きなプリンが出てきました!これは子どもはもちろん、大人もテンションが上がりますね。

ふるふる・ぷるんぷるんと揺れる様子もたまりません。動画でお伝えできないのが残念です。
さくらミルクプリンを容器に注ぐ

Photo by muccinpurin

そのままカットしてもいいんですが、今回はちょっぴりかわいくリメイクしました。

プリンを鍋でトロトロになるまで溶かし、好みの容器に注ぎます。粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかりと冷やし固めましょう。

作り方はパッケージ裏に記載されているので参考にしてくださいね。

香りともちぷるに癒される…♪

桜の花がのったさくらミルクプリン

Photo by muccinpurin

淡いピンク色とふんわりとした形が、思っていた以上のかわいさで癒されます。桜の花も添えて、気分はすっかり春です♪

形を崩すのがもったいないと思いつつも、いただきます!
さくらミルクプリンをスプーンで押す

Photo by muccinpurin

スプーンを入れる段階で、ぷるんっとしたしっかりとした弾力を感じます。卵とカラメルを使ったプリンでは感じない、しっかりとした感触です。

「弾力があるということは、食感も固いのかな?」という心配は、口に入れた途端にプリンとともに溶けて消えました。

あまりの口どけのよさに、感動です!
スプーンですくったさくらミルクプリン

Photo by muccinpurin

感動したのは、口どけだけにあらず。桜独特の決して主張しすぎるでもなく、それでいてほかの花には出せないあの香りや風味もしっかりと感じます。

花の香りを食べ物に使うのは、弱すぎるとなんの香りかわからないし、強すぎると嫌悪感を感じてしまいます。

さくらミルクプリンは、そのギリギリのラインをうまく尽いていて、ちゃんとおいしいんです。期待を裏切りません。
スプーンですくったさくらミルクプリン

Photo by muccinpurin

ミルクティーやカフェラテでもわかるように、ミルクと組み合わせることで、風味が引き立ちます。

このさくらミルクプリンもそうで、ミルクベースのプリンに桜の香りをつけることで、よりしっかりと桜を感じる気がしました。

「さくらミルクプリン」で春先取り♪

さくらミルクプリンとパッケージ

Photo by muccinpurin

ひかえめなのに、しっかりと印象を残す。これってかなりむずかしいことだと思うんです。

花の命はとても短く、桜も咲いた途端にハラハラと散ってしまいます。桜の季節が来る前に、まずはカルディの「さくらミルクプリン」で桜の風味だけでも予習しておきましょう。

パンダパッケージのかわいさに惹かれて買っても、きっとそのおいしさに満足することでしょう。

商品情報

■商品名:さくらミルクプリン
■価格:440円(税込)
■内容量:537g
■原産国:日本
■カロリー:100gあたり145kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう