13. あんにほっこり。帆立とレタスのあんかけ丼

中華風のとろみあんをかける丼ぶりです。帆立貝柱はさっと火を通す程度に炒めると、甘みとやわらかさをキープできますよ。具材を炒めたら、すぐにとろみを付けましょう。レタスのシャキシャキ食感がアクセントに効いて、しょうがでからだが温まります。ちょっと豪華なランチや、ディナーにどうぞ。

14. 春の香りを味わう。菜の花と帆立のリゾット

帆立はリゾットにすると、旨味が味わえておいしいですよ。こちらは菜の花と海老を加えて、ちょっと華やかな春らしいレシピ。菜の花は最後に加えて、食感や香り、彩りを活かしましょう。大麦と米を使うので、満腹感があって腹持ちします。米のみで作るのもおすすめ。

15. プチプチ食感♪ 帆立と雑穀の中華がゆ

帆立の水煮缶を使う、やさしい味わいの中華がゆです。米のみでもおいしいですが、雑穀を入れるとプチプチ食感が楽しめて、クセになりますよ。ザーサイ、ピータン、揚げワンタンなど、お好みのトッピングと一緒にお召し上がりください。お酒を飲むときの締めや、小腹がすいたときにもおすすめです。

【スープ】帆立のおすすめレシピ5選

16. じんわり体が温まる♪ 帆立と白菜のスープ

帆立の缶詰を汁ごと使うレシピです。帆立と白菜は相性抜群の食材。調味料は酒と塩のみという、シンプルなスープです。帆立のだしがよく効いて、とろとろな白菜がおいしいですよ。それぞれの旨味が引き立い、和洋中のどんなメニューにも合います。食欲がないときにも食べやすいですよ。

17. おかずになる♪ 帆立と小松菜の和風豆乳スープ

味噌で味付けする、帆立と小松菜の和風スープです。豆乳を加えると、クリーミーで濃厚な大豆の風味がアップしますよ。具材はシンプルに、小松菜とホタテの貝柱のみ。重曹を少し加えることで、豆乳が分離せず舌触りよく仕上げることができます。帆立がごろっと入り、おかずになるひと品。

18. カラダにやさしい。帆立とかぶの薬膳スープ

帆立の旨味が存分に味わえる、やさしい味わいのスープです。かぶを加えることで自然にとろみが付き、ナツメをアクセントに効かせます。レシピではかぶの葉を使いますが、小松菜や青梗菜など青菜を加えてもいいでしょう。仕上げに加えるごま油が香ばしく、食欲をそそります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ