手土産のプロが選ぶ!バレンタインで必ず喜ばれる「チョコレート」ギフト10選

バレンタインはもう目前。でも、今年はどんなチョコレートを贈ろうか、まだ決めかねている人も多いのでは?そんなあなたにオススメしたいのが、常日頃から相手への気配りに心を砕いている“手土産のプロ”、秘書のセレクト。相手への気遣いも垣間見えるセレクトは参考になるはずです。

2019年2月15日 更新
この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

大切なあの人にも、そして自分にも! 手土産のプロフェッショナル、秘書が選んだ鉄板チョコレート

バレンタインはもう目前。ギフトに沸き立つデパートや、街中のショーウィンドウを眺めるだけでもわくわくする季節がやってきた。でも、今年はどんなチョコレートを贈ろうか、まだ決めかねている人も多いのでは?

そんなあなたにオススメしたいのが、常日頃から相手への気配りに心を砕いている“手土産のプロ”、秘書のセレクト。その条件は、さりげなく気が利いていて、洗練されていること。一粒一粒に感動がぎゅっと詰まったプレミアムな品々ばかりだ。たとえ遠方にあっても、お取り寄せが可能な品であるのも嬉しい。

これらのチョコレートを見れば、あなたも贈りたい相手の顔がきっと浮かんでくるはず。かけがえのない大切なパートナーに、毎日顔を合わせる職場の仲間に、そして今日も頑張っている自分自身のご褒美に。ぜひ参考にしてほしい。

1.高級感あふれる外観は老舗メゾンならでは!『La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)』の魅惑のアソート

“ガナッシュの魔術師”の異名を持つロベール・ランクス氏がパリで立ち上げた、いわずもがなのショコラトリー『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』。シックなリボンが付いたラグジュアリーな平箱に、同ブランドを代表する25種前後のチョコレートが入ったゴージャスな詰め合わせBOXが「ボワット メゾン」だ。

なめらかな口どけのトリュフやレモンピール味のダークガナッシュ、ヘーゼルナッツ入りのミルクプラリネなどの約86粒は、すべてパリのアトリエでショコラティエがひとつずつ手作りしたもの。おいしく味わうコツは、常温(約20℃)でチョコレートを半分にカットし、口の中でゆっくり溶かしながら香りを楽しむこと。憧れブランドの魅力をあますところなく楽しめる贅沢な一箱。
<現役秘書の声>
「見た目がとても華やかで豪華です。お値段が張るので特別な日のプレゼントに、特別なお客様へお渡ししたい一品です。外国の方にも喜ばれそうです。(製造業 秘書歴5年3カ月)」

「お味が他のお菓子と比べものにならないほどおいしかったです。品質が確かで高級感がある為、お祝いの席でお渡ししたいお品です。(情報通信・IT 秘書歴4年11カ月) 」


<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ボワット メゾン (チョコレート詰め合わせ)
【価格】27,000円(税込)
【内容】690g
【店名】La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000171/

2.お酒好きをトリコに! 昭和のモダンが薫る『JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)』のボンボン2種アソート

かつて多くのセレブに愛された伝説のレストラン『西洋膳所 JOHN KANAYA 麻布』のオーナーであり、類い稀なる美意識とダンディズムを持ち合わせた昭和の粋人でもあったジョン・金谷鮮治(かなやせんじ)氏。その美学を受け継いだショコラトリーが『JOHN KANAYA ジョンカナヤ』だ。

モダンなパッケージに包まれた「ボワット ノアール」は、ボンボンショコラとラグジュアリーボンボンの2種入り。

アルマニャックやシャンパーニュなど、定番のフレーバーに新たな「食感」を加え、さらに魅力的に昇華させたボンボンショコラ。そして、ラグジュアリーボンボンでは、地酒や貴腐ワイン、ジャパニーズウイスキーなど5つの銘酒の風味の違いを楽しめる。
<現役秘書の声>
「お酒入りショコラは多いですが、こちらは貴腐ワインなどが使われていて特別感があり、スイーツ好きの方に喜ばれそうです。パッケージもブラックでスッキリした印象なので、相手を選ばずにお渡しできると思います。(商社 秘書歴2年5カ月)」

「こだわりを感じさせる手土産なので、何度も面識のある方や過去に贈答品をお渡ししている方にも贈りたいです。線の入る位置や色などで種類の違いを表しているのがおしゃれです。パッケージもシックでハイセンスなので、ファッションにこだわりのある方にも喜ばれると思います。(卸・小売業 秘書歴4カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ボワット ノアール
【価格】5,400円(税込)
【内容】11個入り
【店名】JOHN KANAYA 恵比寿本店(ジョンカナヤ恵比寿本店)
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001281/

3.ダイナミックでビビットな斬新さが魅力のシグネチャーアイテム。『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』のボンボンショコラ

2018年、フランスのチョコレート愛好会クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ(C.C.C.)の品評会において、最も栄誉ある「Les incontournables(レ・アンコトゥールナブル)」を5年連続で受賞したパティシエ、青木定治氏の代表作がボンボンショコラ。

青木氏が厳選したスペイン産オレンジや、愛知県南山園の抹茶、黒ゴマやワサビなどの和素材が、口どけのよいガナッシュと見事にマッチ。カカオの原産地や品種、また製法によって様々な顔を持つチョコレートの表情を、巧みに使い分ける青木氏ならではのダイナミックな世界が広がっている。

12色の鮮やかな色彩で統一されたボンボンショコラのフォルムは、女性の化粧パレットをイメージしたビビットで斬新なもの。世代や性別を問わず、幅広い層に受け入れられること間違いなし!
<現役秘書の声>
「ブランドの知名度が既に高いので、受け手には安心感が与えられますし、高級感も喜ばれます。シーズン毎の商品も多く、季節感があるのも良いです。パッケージやコンセプト共にオシャレで、女性に好評です。(製造業 秘書歴8カ月)」

「日本独自の素材が詰まっているので、海外の方にも日本の素晴らしいものをお伝えするファーストステップとしても活躍します。見た目もかわいく、和と洋の融合で、いつも喜ばれます。(教育・研究 秘書歴2年4カ月)」


<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ボンボンショコラ
【価格】4,968円(税込)
【内容】12個入り
【店名】パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000099/
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

dressing

目 次

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう