まるで、飲む"桜餅"!? サンクトガーレンに「さくらビール」新発売

ビールで有名なサンクトガーレンから、長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使ったビール『サンクトガーレン さくら』が新登場。2019年2月22日(金)〜4月初旬までの春限定で発売されます。桜餅がイメージされた珍しい商品です!

2019年2月11日 更新

春限定!『サンクトガーレン さくら』新登場

地ビール専門店「サンクトガーレン」から、春限定商品『サンクトガーレン さくら』が新登場。ほんのり桜餅風味で、ホワイトデーのギフトや、お花見シーズンにぴったりのビールです。
桜餅には、小麦粉をクレープ状に焼いた皮で餡を巻く関東風の長命寺と、餅米を使った関西風の道明寺の二種類あります。

関東出身者の多いサンクトガーレンでは、2013年の発売以来、関東風の桜餅をイメージしてビールが作られていました。しかし、今年は、福岡県出身の代表 岩本氏にとってゆかりのある、関西風の桜餅がイメージされてビールが作られています。

そのため、今年は昨年までとは異なり、神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された神奈川の酒米"楽風舞(らくふうまい)"が原材料に追加。お米特有の、ふくよかな甘い風味がビールにプラスされ、道明寺の桜餅のような味わいです。
桜餅がイメージのビール。いったい、どのような味わいなのでしょうか?珍しいフレーバーで、春のギフトにもぴったりです♪

商品概要

商品名:サンクトガーレン さくら
価格:460円(税別)
原材料:麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)
販売場所:公式ネットショップ、東急百貨店本店ほか
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう