"泣ける"!? 兵庫県洲本市の魅力が詰まったアンテナショップがオープン

瀬戸内海最大の島・淡路島の中央に位置する「洲本市」。おいしい食材や雄大な自然など、まだまだ知られていない洲本市の魅力をぎゅっと詰め込んだ、日本最大級の体験型アンテナショップが1月23日(水)にオープン。"泣ける"をキラーワードにしたおいしいお弁当や体験ブースに注目です。

兵庫県・淡路島洲本市の魅力を発見できる「スモトのおべんと」がオープン

スモトのおべんと

Photo by macaroni

瀬戸内海最大の島・淡路島。その中央に位置し観光地のメインとなっているのが「洲本市」。その魅力をあますことなく発見できるアンテナショップ「スモトのおべんと」が2019年1月23日に日比谷にオープンしました。

洲本市は広大な自然で豊富な食材が多く、海の幸も山の幸も充実。じつは淡路島の肉が日本で一番高く取引されているなど一目置かれています。

"泣ける"名産品がたくさん!

古来、天皇に食料を納めていた淡路島は「御食つ国(みけつくに)」と呼ばれていました。今でも自給率107%で肉類や野菜、海産物が豊か。「スモトのおべんと」では自慢の新鮮野菜や加工品、ふるさと納税で人気の淡路牛を使用したお弁当が揃っています。

詰め放題も!「玉ねぎ小屋」

玉ねぎ小屋と袋に入った玉ねぎ 玉ねぎを持った女性とオニオンスープのパッケージ

Photo by macaroni

淡路島と聞けばまず思い浮かぶのが玉ねぎ。瀬戸内海特有の温暖な気候で育った玉ねぎは、甘くてやわらかくみずみずしいのが特徴です。

玉ねぎを収穫したあとに乾燥させるための「玉ねぎ小屋」をアンテナショップ内に完全再現し、現地の農家の風景を感じることができます。近くには、地元では普通に乗られている「農民車」がディスプレイ。田んぼで収穫したものをのせる農民車は淡路島特有のもの。

所狭しに吊るされた玉ねぎは全て本物。500円で玉ねぎの詰め放題も体験できます。

BAEMS×洲本市「スモトの野菜」ブース

新鮮な野菜が所狭しと並んだブース

Photo by macaroni

BAEMS×洲本市「スモトの野菜」ブース

BEAMS JAPAN(ビームスジャパン)がスモトとコラボして作った「スモトの野菜」ブース。「スモトの野菜」は減農薬でほとんど農薬を使っていません。

レタスだけでも4・5種類あり、一般の店頭には出ない野菜が売っているのが魅力。例えばレタスは、2~3種類混ぜて食べるのがおすすめで、色んな食感を一度に楽しむことができます。

BEAMS JAPANは毎月テーマにあわせた洲本市の魅力溢れる名産品をピックアップして販売。1月と2月は野菜をテーマに、3月は海鮮をテーマにした「スモトの海の恵」を予定しています。

さらには洲本市の地場産業とのコラボレーションアイテムも開発・販売するので、お店に行く度に違った商品に出会える楽しみがあります。

豪華絢爛!「スモトのおべんと」

洲本市の牛肉や野菜をふんだんに使った豪華な幕の内弁当

Photo by macaroni

スモト上幕の内 九つの窓 1,944円(税込)

"おいしすぎて泣けてくる"をテーマにしたお弁当なかでも注目は「スモト上幕 九つの窓」。

淡路牛サーロイン、サザエ、足赤エビなど、淡路島の高級食材をぎゅっと詰め込んだ幕の内は、食べてしまうのがもったいないほど豪華!
 
ほかにもジューシーなステーキをメインにした「スモトのステーキ弁当」や、やわらかさに思わず驚く「スモトのロース牛丼」など8種の弁当が出迎えてくれます。
白いカップに入ったオニオンスープ

Photo by macaroni

鴨だしとあめ色たまねぎのスープ 350円(税込)

1日限定50食、洲本市の玉ねぎを使ったオニオンスープは「割烹料亭 銀座下鴨茶寮東のはなれ」がプロデュースしたもの。

じっくりと炒めた玉ねぎ本来の甘さが溶け込んで"泣けるほどおいしい"!

泣けるほど素敵なスモトに癒れて…♪

松ぼっくりと砂浜 プロジェクションマッピングを使ったブース

Photo by macaroni

自然が育んだ豊富な食材を堪能したら、最後には「スモトの泣けるビーチ」でひと息して。

名勝と謳われた「五色浜」をイメージした玉砂利と、大浜海岸の砂を用いて美しいビーチを再現。プロジェクションマッピングを駆使したブースは、思わずぼーっとしてしまう癒しの空間です。

洲本市の魅力がたっぷりと詰まったアンテナショップ「スモトのおべんと」。新鮮な食品からこだわってできた加工品までが勢揃いで、グルメや料理好きに欠かせないパワースポットになりそうな予感です。

ショッピングや会社帰りに、癒されに行ってみてはいかがでしょうか。
(文:横田睦美、撮影:伊集理予、編集:柿澤萬純)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう