春の花に包まれてジェラートを。鎌倉に「フラワーカフェ」期間限定オープン

神奈川・鎌倉の古民家ジェラート店「GELATERIA SANTi」が、フラワーアーティストとコラボ!期間限定で、エディブルフラワーのジェラートをはじめ、ハーブティーを楽しめます。また、春のお花の販売もされるのだとか!一足早く春を楽しめるこの機会をお見逃しなく♪

2019年2月6日 更新

花×ジェラートで映え間違いなし!『春待ち茶屋 by gui flower(バイ グイ フラワー)』OPEN

2019年2月2日〜3月3日までの1か月間、 フラワーカフェ『春待ち茶屋 by gui flower(バイ グイ フラワー)』がオープン。ジェラート専門店「GELATERIA SANTi(ジェラテリア サンティ)」と、鎌倉在住のフラワーアーティスト・前田有紀氏が手掛けるフラワーブランド「移動花屋 gui(グイ)」がコラボし、初めてオープンするフラワーカフェなのだとか。
期間中、八ヶ岳の国産有機栽培ハーブと焼き菓子のお店「FLOWERBARN lesmyrte(フラワーバーン レミルト)」のハーブティーも提供されます。ジェラートやハーブティーを楽しみながら、週替わりで届く春の花に包まれる空間を楽しめますよ。
フラワーカフェでは、フラワーアーティスト・前田有紀氏プロデュースによる、エディブルフラワーのジェラートバーがお目見え。苺やピスタチオなど「GELATERIA SANTi」の人気フレーバーと、エディブルフラワーで作られたアイスは、「華やかなだけでなく、食べておいしい。」をコンセプトにした商品。

3月3日の最終日には、神奈川県秦野(はだの)産の桜の色と、香りをホワイトチョコのジェラートで包み込んだ新作フレーバー「秦野の八重桜」も登場します。
また、移動花屋をベースとする、guiの花を直接オーダーすることもできます。第1週目は、新潟から届くチューリップ登場。その後も、ラナンキュラス、ミモザ、スイートピー、桜等こだわりの花々がお目見え。

「GELATERIA SANTi」が大事にしている4つの軸

2018年4月にオープンした「GELATERIA SANTi」は、イタリアで出会った本物のジェラートを日本でも多くの人に知ってもらいたいとの想いから生まれたジェラテリア。お店は、江ノ電を間近にのぞむロケーション。子どもからお年寄りまで、安心して食べられるジェラートが、隣接する工房で製造されています。

町のジェラテリアとして、Craft/Organic/Local・Fresh/Sustainableの4つの軸が大切にされています。

Craft

イタリア・ボローニャで学んだ女性ジェラティエーレが、帰国後、独学で日本人の味覚に合ったレシピを確立。繊細な手しごとで生まれるクラフトジェラート。

Organic

共感できる生産者さんの食材を使用。アニマルウェルフェアも大切に考え、牛乳や卵は幸せそうに暮らしている放し飼いのものを選択。保存、着色、香りづけのための添加物は一切使用されていません。

Local・Fresh

季節を感じる旬の食材を、新鮮な状態で使用。鎌倉のはちみつや小田原の卵、レモン等地域の農産物、またチーズやコーヒー等の加工品も地域店舗のものを積極的に活用している。

Sustainable

地域循環の中で、輸送や長期保存によるCO2発生を抑制。エネルギーはクリーンエネルギーを利用。ごみは再利用を基本として、持続可能な活動を目指しています。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう