ストイック過ぎない「パートタイム・ヴィーガン」がブームの兆し⁉

完璧を目指すとハードルが高くなってしまうヴィーガン生活ですが、自分のライフスタイルに合わせて、できる範囲で無理なくヴィーガン食を取り入れる。そんな新しいスタイルが注目されています。今の流れに合わせて生まれた「パートタイム・ヴィーガン」をレシピとともにご紹介します。

2019年2月21日 更新

作り方

1. 豆乳にレモン果汁を加え、よく撹拌してコーヒーフィルターなどで漉して水分を抜きます。
2. 玉ねぎはみじん切りにしてしばらく置き、辛みを飛ばします。
3. 水を切って固めのクリーム状になった豆乳に、玉ねぎのみじん切りとパセリのみじん切りを加えます。
4. 塩で味を整えて完成です。ソースなのでしっかりめに塩を効かせましょう。
作りたてよりもしばらく置いた方が味がなじんで旨みがUPします。材料はたったこれだけなのにとてもおいしいんです。きっとびっくりしますよ。ぜひ作ってみてください。

3. 和食は出汁にご注意

豆乳の味噌汁のある食卓

Photo by akiharahetta

ユネスコの無形文化遺産に登録されている大切な文化でもある和食。ヘルシーではあるけれど、ヴィーガン食となるとひとつ問題が……。

かつお節やさば節でとる出汁です。外国人ヴィーガンのかたの言葉ですが「和食はおいしいが、なんにでも魚のブイヨンが入っている。」少しおおげさな表現ですが、わかりやすいですよね。

動物性の魚ではなく、昆布やしいたけから出汁をとるように心がけてみてください。または、ベジブロスを。

4. スパイスを上手に使って

さまざまなスパイス

Photo by akiharahetta

インド料理のように、出汁やブイヨンを使わずに料理を完成させるテクニックを応用しましょう。上手に使えば、香りもごちそうなんだと改めて気づかせてくれますよ。

インドはヴィーガン大国なので、対応している料理のバリエーションも豊富。もし外食時にヴィーガンするならインド料理店を選ぶのもいいですよね。

もち麦とキヌアの「ベジ・チャーハン」

もち麦とキヌアのチャーハン

Photo by akiharahetta

3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう