ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

パンと布生地が買える『しロといロいロ』

Photo by macaroni

代官山駅から5分ほど歩くと、路地に白い一軒家が現れます。 ご存知のかたもいるかもしれませんが、以前はテキスタイル商品を扱うお店「コッカ(cocca)」があった場所。 2019年1月23日(水)にオープンする『しロといロいロ』は、表参道で大人気の「パンとエスプレッソと」のパンやコーヒーが買えるだけでなく、「コッカ」のテキスタイル商品を購入することができるコラボショップなんです。2階にはイートインスペースがあり、できたての商品を、テキスタイルが彩る素敵なインテリアを眺めながらいただくこともできます。 “まっさらな生地から多彩なファブリックやパンが生みだされるように、白い空間でのひとときがみなさまの日々をきもちよく彩るものでありますように。” そんな想いを込めて名付けられた『しロといロいロ』の、素敵な店内や、オリジナルグッズ、おすすめのパンをレポートをします。

生地と生地がもたらす、より良い暮らし

Photo by macaroni

まずは店内を見てまわることに。入口すぐのパンコーナーを抜けて奥へ進むと「コッカ」のテキスタイルで作られた布製品や小物が並びます。普段は本社で勤務されているという廣野さんが、リニューアルした新店舗の今後について聞かせてくれました。 「コッカは、代官山にオープンしてから14年目を迎えます。今回コラボリニューアルした新しいお店には、これまでと違う客層のお客さまも来てくださると思うので、とても楽しみにしています。生活のなかに手軽にテキスタイルを取り入れてもらえるような工夫をしていきたいと思っておりまして、切りっぱなしで使えるニットのハギレセットなども作ってみました」 そういって見せてくれたのは、可愛いテキスタイルのハギレ(布の裁断時に中途半端に余った布)が詰まった袋。余ったハギレは丸く切るだけでコースターになりますし、額縁に入れれば壁にかざることもできます。 お話を聞いていると自分でも簡単にできそうな気がして、「コッカ」のテキスタイルで家や生活が豊かになっていく想像が膨らみます。使いかたを気軽に相談できるところも、裁縫初心者にとっては嬉しいですね。

オリジナル商品「パンブラー」が可愛すぎる

Photo by macaroni

コラボ出店ならではの商品「パンブラー」もぜひ手にとって見てください。『しロといロいロ』でしか買えないオリジナルバッグです。 「コッカ」のテキスタイルを内布に使っている点に加え、持ち手をカスタマイズでき(※1)、価格がお手ごろなところも素敵ポイント。このパンブラーをもって買い物にいくと10%の割引でパンが買える店舗(※2)もあるんです! カスタマイズできる持ち手は3種類。画像左手前にあるのが、折りたたんでクラッチバッグのように持つことができるショートタイプ。その隣は、持ち手が長く肩にかけやすいショルダータイプ。上部にあるのが、普段使いしやすいトートタイプ。 筆者は自転車で散歩にでかけるのが好きなので、後日ショルダータイプをゲットする予定ですが、季節や時期によって内布に使われるテキスタイルが変わるそうなので、どのデザインにするか悩んでしまいそうです……。 ■オリジナルバッグ「パンブラー」 2,400円 ■ハンドルオーダー 600円 ※ 価格は税抜です ※1 持ち手をカスタマイズしたい場合、ハンドルオーダーを一緒に購入してください ※2 『しロといロいロ』「パンとエスプレッソと表参道」「パンとエスプレッソとなんとかプレッソ」に持っていくとパンが10%オフで購入可能です

イートインでしか食べられない限定商品も

Photo by macaroni

「コッカ」の販売スペースを抜けて階段を上がると、1階で購入したパンやコーヒーを食べられるイートインスペースになっています。 真っ白な壁に木で作られたテーブルや棚のあたたかみが加わり、色とりどりのテキスタイルがアクセントになった絶妙におしゃれな空間。窓も多く、自然光がたっぷりと入るので本当に気持ちのいい場所です。

Photo by macaroni

この日は食べられなかったのですが、イートインのみで食べられる商品もあります。毎日14時から数量限定で販売される「焼きたて クロワッサンシナモンロール」。 クロワッサン生地で作ったシナモンロールを、オーダーが入るごとに焼き上げてくれます。熱々の鉄板にのって出てくるので、ティータイムに食べに行ってみては?

自慢のサンドイッチやクロワッサンを実食!

Photo by macaroni

「パンとエスプレッソと」の各店舗では、食パンなどの基本商品をのぞくほとんどの商品のラインナップが、お店ごとのシェフのレシピやアレンジで決まります。『しロといロいロ』のおすすめを聞いてみました。 「サンドイッチのバリエーションを増やす予定です。食パンを使ったスタンダードなサンドイッチから、クロックムッシュのようにはさんで焼くグリルタイプのものまで、今後も季節に合わせていろいろ出していくとのこと。また、クロワッサンや看板商品のシナモンロールなど、パイ生地を使った商品もすごくおいしいのでおすすめです」

Photo by macaroni

オフィスに持ち帰って、早速パンをいただきました。 手前のお皿にのっているのはクロワッサンとミルクフランス。クロワッサンは、よくあるパリッとかじってハラハラと落ちていくような食感をはるかに超え、皮が “カリッ” と音を立てるんです。中は生地がもちっと詰まっていて、外側の皮と内側の生地のコントラストがすばらしい! ミルクフランスは、じんわり甘い練乳の風味と、しっかり焼き込まれているパリッとしたフランスパンが絶妙なハーモニー。 左のお皿は、照り焼きチキンと野菜のサンドイッチ。ふんわりと柔らかいパンのなかに、厚めに切られたしっとりチキン、遠慮なくぎっしり詰め込まれたたまご、シャキッと新鮮な野菜が挟まれています。素材の生かしかたが秀逸です。 奥のお皿に乗っているのは、林檎とクリームチーズのクロックムッシュ風。コンポートした角切りの林檎と生のフレッシュな林檎の2種類を使用しており、林檎の甘さとベーコンやマスタードのおかず部分を、クリームチーズがうまく繋いでいます。甘じょっぱいフードが好きなかたにぜひ食べてほしい一品。 右奥のお皿は、バリスタさんが「出したい!」と提案し自ら作られている生キャラメル。一個70円で販売されているので、おやつに気軽に買えて嬉しいですね。生キャラメル、優しい甘さと舌触りがとてもおいしかったです。

Photo by macaroni

「パンとエスプレッソと」のおいしいパンと「コッカ」の心踊るテキスタイル、どちらも一気に楽しむことができる欲張りなお店のオープンは、たくさんの女性を幸せにすること間違いなし。 親子三世代で遊びにいくのも楽しそうです。娘が選んだ布を使っておばあちゃんがワンピース縫ったり。妄想は膨らみます。ぜひ一度足を運んでみてください!

店舗情報

■店舗名:しロといロいロ(SIRO to IROIRO) ■住 所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-31-13 ■最寄駅:東急東横線「代官山駅」より徒歩5分 ■定休日:火曜日 ■公式HP:https://www.sirotoiroiro.com ■お問い合わせ・営業時間: ※ブランドごとに異なります。 パンとエスプレッソと 電話番号:03-3463-5495 営業時間:9:00-19:00 (LO 18:00) cocca 電話番号:03-3463-7681 営業時間:11:00-19:00
Photos:8枚
青い扉に赤いファブリックと看板が可愛い外観写真
色とりどりのテキスタイルが並ぶ店内
3種類の取っ手が選べるオリジナル商品パンブラー
明るくて気持ちいい2階のイートインスペース
14時からのティータイムのメニュー
焼きたてのパンやサンドイッチが並ぶショーケース
パンをお皿に並べて撮影、実食してみた
2階のイートインスペースにあるカーテンや椅子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ