お家で星付きレストランの味!「低温調理」のメリットやポイントを徹底解説

「低温調理」をご存知でしょうか?食材、とりわけ肉をおいしくしてくれる調理法といわれ、今では星付きレストランのシェフも取り入れています。肉のたんぱく質の変性温度を科学的に研究して生まれた調理法で、お家でもプロの味が再現できるんです。詳しく調べてみました。

2019年2月13日 更新

使いやすさ◎ 人気の低温調理器5選

1. クラウドファンディングで生まれたブランド「BONIQ ボニーク」

ITEM

BONIQ ボニーク

¥18,610〜 ※2019年1月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
日本初の低温調理器専門ブランドとして、クラウドファンディングからスタートした製品です。キッチンツールスタンドに立てて収納できる省スペースやスマートなデザイン、なにより日本製のクオリティが魅力です。レシピサイトも公開されているので、初心者でも安心です。

2. 日本メーカーでリーズナブル「富士商 Felio Sousvide cooking」

ITEM

富士商 Felio Sousvide cookin

サイズ:37×16×8cm
消費電力:1000W

¥9,250〜 ※2019年1月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
日本メーカーでお手頃価格。開始直後とラスト1分前に音で知らせてくれるので、待ってるあいだも安心してほかの家事ができますね。温度と時間をセットするだけの簡単設定なので、低温調理にトライしてみたい方にはおすすめですよ。

3. 日本向けに設計された「Viande ビアンデ」

ITEM

低温調理器Viande(ビアンデ)

商品重量:1.55kg

¥16,360〜 ※2019年1月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
まだ並行輸入品が多い低温調理器ですが、コードやプラグなどを日本仕様に設計を一新した商品です。幅わずか15cmのコンパクトボデイで、スペースをとりません。フックとクリップで、片手で調理ができるのも便利です。

4. スマートフォンと連動「Anova Culinary Bluetooth Precision Cooker」

ITEM

Anova Culinary Bluetooth Precision Cooker

商品重量:2.06kg

¥17,000〜 ※2019年1月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
スマートフォンにBluetooth接続して、便利に調理できる話題の低温調理器です。スマホと連動して水の温度をコントロールできます。アプリをダウンロードすれば、調理が終わるとスマホで知らせてくれますよ。

5. 専用の真空パックシーラー付き「貝印 The Sousvide Machine 」

ITEM

低温調理器 The Sousvide Machine

サイズ:本体 幅19×長さ7.7×高さ31cm

¥37,800〜 ※2019年1月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
シェフも認めた機能性「真空低温調理器」をつかえば、お家で高級レストランの味が再現できます。食材を真空パックする専用のシーラーと真空袋付きなので、あとは食材を用意するだけ。オリジナルレシピもついてくるので、ビギナーでも安心。プレゼントとしてもよろこばれますよ。

まずは炊飯器で挑戦しよう!

「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ「第4の調理法」とも呼ばれている「低温調理」。いきなり高温で加熱するフライパンや鍋ではできない、一定の温度でじっくり火をいれるという調理法で、しっとりやわらかな食感の旨みたっぷりな料理が完成します。 低温調理器がなくても、温度管理と衛生面に注意して、手軽な炊飯器から低温調理を始めてみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS