スティックが便利!業務スーパー「アサイースティック」は隠れた名品

アマゾン生まれのアサイーは “奇跡のフルーツ”と呼ばれています。ハワイから上陸したアサイ―ボウルは、日本でも瞬く間にブームになりました。業務スーパーのアサイーはスティック状で、スムージーやアサイーボウルにもぴったりですよ。

2019年1月25日 更新

ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。

アマゾン生まれの “奇跡のフルーツ”

Photo by muccinpurin

アサイ―といえば、その高い栄養から ”奇跡のフルーツ” と呼ばれる、ブラジル・アマゾン生まれの果物。 ハワイで生まれて日本に上陸したアサイーボウルは、すでにブームではなく日本でも定番のスイーツになりつつありますよね。 実は業務スーパーでもアサイーを販売中。スティック状で使いやすそうだったので、さっそくご紹介します。

スティック状で使いやすいのがポイント!

Photo by muccinpurin

「アサイ―スティック」483円(税込)
業務スーパーではアサイーアイテムを2種類展開しています。ひとつは「アサイーバナナブレンド」という500g入りの商品。どちらもアサイー生産量世界一のブラジル産です。 そして今回ご紹介するのが、「アサイースティック」という、スティック状に個包装されたおの。 ひと袋100g入りで、アイスのようなかわいらしいパッケージに包まれています。

Photo by muccinpurin

実は、冷凍スイーツコーナーで500g入りと大容量の「アサイーバナナブレンド」にも心惹かれました。 しかし「アサイースティック」を選んだのは、なんといっても使いやすさ。スムージーやアサイ―ボウルなど、大きい容器から使いたい分だけ取り分ける作業は結構手間ですよね。凍っていればなおさら。 その点、スティック状で一本100gと決まっているので、使いやすく軽量の必要もありません。

Photo by muccinpurin

さらに、こちらのアサイースティック、砂糖も入っているので、ほんのり甘くアイスのように食べられます! そのままシャリシャリと食べるなんて、とても贅沢なアサイーの楽しみ方ですね。濃いアサイーがお好みな場合は、そのままアイス感覚でそのままどうぞ♪

アサイーの定番レシピも簡単に

ブレンダーなしでもOK!「アサイースムージー」

Photo by muccinpurin

アサイーレシピの定番、スムージー。冷凍のままのアサイーとバナナに豆乳を加え、なめらかになるまでブレンダーにかけます。 粒のまま冷凍されているアサイーとは違い、すでにペースト状になっているので、ブレンダーがないご家庭でも、少し溶かせばスムージーができますよ。 バナナや豆乳の量を変えれば、濃度も自由自在。甘さが欲しい方は、はちみつをプラスしてくださいね。

自宅で本格な「アサイーボウル」

Photo by muccinpurin

アサイーを使ったメニューの定番といえば外せないのが「アサイーボウル」。カフェやレストランで朝食として楽しめますが、オリジナルはアサイーの濃さの調整はもちろん、トッピングも自由にアレンジできますね。 ヨーグルトや豆乳、バナナなどお好みのブレンドでどうぞ♪

アサイーをもっと身近に

Photo by muccinpurin

冷凍フルーツの使いにくさから、ちょっぴりハードルが高かったアサイー。 業務スーパーの「アサイースティック」なら、スティック状で計量いらずなので使いやすく、ぐっとアサイーが身近なものになりそうですね。

商品情報

■商品名:アサイースティック ■価格:483円(税別) ■原産国:ブラジル ■内容量:100g×4 ■カロリー:100g当たり127kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS