焼き立てをお家で♪ ビスケットの基本レシピ&アレンジ5選

ビスケットと言えば日本ではクッキータイプのものを思い浮かべる方が多いと思います。本場でビスケットというとスコーンタイプのものを呼ぶそうですよ。今回は日本でいうところのスコーンタイプのビスケットの基本の作り方とアレンジレシピをご紹介します。ぜひ作ってみてくださいね。

2019年2月11日 更新

7. 型で抜きます。

型で生地を抜いている画像

Photo by mikA.K

2cmくらいに伸ばしたら、丸型や菊型で抜きます。余った生地はまとめて伸ばし、半分に折ってさらに伸ばして抜きましょう。

8. 牛乳を塗り、焼成します。

天板で牛乳を塗っているところ

Photo by mikA.K

天板に並べたら表面に牛乳を塗り、予熱が終わったオーブンで20分焼いたら完成です。

作るときのコツ

材料はすべて冷やしておきましょう。生地はあまり練らないようにすることで歯切れがよくなります。

また、かならず折ってから型で抜いて焼くことを心がけてください。そうすることで上に伸びてお腹の部分が割れます。

型がなかったら切って焼いてもOK。複雑な形よりも単純なもののほうが見た目もカッコよく焼き上がりますよ。

ビスケットの人気アレンジ5選

1. ホットビスケット

ジャムがかかったビスケットと生クリームが盛られたお皿

Photo by macaroni

ふんわりさっくりなビスケットのレシピ。材料を冷やしたり、バターの温度に気を付けたりする必要がないので、気軽に挑戦することができちゃいます。気を付けるべきポイントはこねないようにすること。こねてしまうと伸びが悪くなってしまします。
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう