4. 瓶に移して完成!

Photo by macaroni

消毒した保存瓶に入れ、表面が空気に触れないようにオリーブオイル(大さじ1杯)を加えてフタをしめます。

※保存期間は2週間ほどですが、開封後は冷蔵庫に入れて早めにお召し上がりください。
【レシピ提供 macaroni】

おいしいパスタを作るポイント

自家製ジェノベーゼソースでパスタをおいしく作るコツは、バジルの風味や色を活かすこと。バジルは火を通しすぎると風味が飛んで色も悪くなってしまうので、ジェノベーゼソースを最後に入れるのがポイントです。

また、ジェノベーゼソースとゆで汁をよく混ぜて乳化させると、パスタ全体にソースが絡んでおいしさアップ。ぜひ試してみてくださいね。

保存方法と日持ち

瓶に入れたジェノベーゼソースは、フタを開けなければ冷蔵庫で約2週間ほど保存できます。開封すると空気に触れて味や風味が落ちてしまいますから、できるだけ早く食べるのがおすすめ。

たくさん作ったら、冷凍保存しても良いです。瓶や冷凍用保存袋に入れれば、2~4週間ほど保存できます。

ジェノベーゼソースの活用レシピ5選

1. 定番の味。えびといんげんのジェノベーゼパスタ

Photo by macaroni

えびとジェノベーゼソースのパスタは、カフェでも人気のひと品。えびの赤とソースの緑がキレイで食欲をそそりますね。自家製ジェノベーゼソースは変色しやすいので、作ったらすぐに密閉容器に入れて色を落ちを防ぎましょう。ゆでたてパスタに和えればバジルの豊かな香りを楽しめますよ。

2. 和×イタリアン。生ハムとバジルのジェノベーゼおむすび

おむすびのイメージをがらりと変える、おしゃれなジェノベーゼおむすびのレシピです。生ハムやチーズなどイタリアン食材を組み合わせているので、ジェノベーゼソースとの相性も抜群。お子さんはそのまま、大人はブラックペッパーを振って召し上がれ。

3. 緑がキレイ!ジェノベーゼクレープ

お食事系クレープにもジェノベーゼソースを活用しましょう。生地にジェノベーゼソースを混ぜると、ほんのり緑色でバジルの香りが楽しめますよ。ソーセージやレタスのほかに、生ハムやチーズなどお好みの具材を入れてアレンジするのも良いですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ