まだ間に合う!「ふるさと納税」の返礼品選びはこれが正解!

12月も中旬を過ぎ、2018年もあと2週間を切ってしまいました。何かと忙しい年末ですが、悩みの種が"ふるさと納税の返礼品選び"という方も多いのではないでしょうか?まだ間に合う、ふるさと納税のおトクなポイントをご紹介します!

2018年12月18日 更新

断然お得なふるさと納税

ふるさとや応援したい自治体に直接寄付ができる「ふるさと納税制度」。2008年の導入から10年目の節目を迎え、知名度も上がり利用される方も増えてきました。

12月31日の納付期限が迫り、駆け込みでどの返礼品がいいか探す方も多いのではないでしょうか。

ふるさと納税が気になっている方必見!返礼品を選ぶコツや注意点などをご紹介します。

ふるさと納税の先輩にアンケートを実施

20代~60代までの、ふるさと納税を利用した経験がある男女を対象にアンケートを実施しました。

その結果、すでに5回以上も利用されている"ふるさと納税マスター"もいるようです。何度もリピートするということは、やはりそれだけメリットがあるということですね。

さっそく、失敗しないふるさと納税返礼品の選び方を見ていきましょう。

選ぶポイントはコレ!

発送日・到着日はしっかりとチェック!

ふるさと納税は基本的に一年中いつでも申し込みが可能です。ただし、返礼品が届くのは目安でしか把握できないため、ある日突然届くことも……。

冷凍品を頼むほうが消費ペースがコントロールできて、傷むことなくゆっくり食べられます。

さらに、冷凍品でなくても長期保存ができる米や酒類なども人気のようです。

冷蔵・冷凍庫のスペースを確保して!

いつ届くかわからない返礼品のために、冷蔵・冷凍スペースを開けておくのはなかなかむずかしいですよね。

しかしそこは発想の転換で、常に冷蔵庫を整理整頓しておくのもひとつの方法です。冷蔵庫の整理もでき食材を無駄にすることもなく、いつ返礼品が届いてもいいよう準備を整えましょう♪

計画的に利用

同じ自治体でも数量限定だったり、申し込むタイミングによって商品が違うことがあるようです。

「欲しかった商品が売り切れていた……」なんて後悔しないように、こまめにチェックしておく必要がありそうですね。

さらに、「量より質を重視したほうが失敗が少ない」との声も多く聞かれました。せっかく返礼品を受け取っても、使い切れなかったり賞味期限が切れてしまっては本末転倒です。消費とのバランスもよく考慮して選びましょう。

商品の詳細を確認

失敗の原因で多いのが「写真と違った……」というもの。

写真はあくまでイメージなので、重さやサイズなど、しっかりと詳細をチェックすることをお忘れなく。

商品ごとにレビューがあるので、実際に頼んだ人の口コミを参考にするとより安心ですね
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう